製品・サービス

活用事例

Speedoc for RICOH活用事例

お客様の活用事例①

印刷

課題・お困り事

課題・お困り事

デザイン画をPDFおよびXDW形式で保存しているので、いまの手間を増やすことなく、その変換ができるようにしたい。

各利用PC上で、PDF形式とXDW形式を分けて管理したい。特にXDWはDocuWorks Desk で管理できるようしたい。

改善 RICOH imagio MP C6001/Speedoc for RICOH

改善RICOH imagio MP C6001 / Speedoc for RICOH

複合機が高機能機種にリプレイス、XDW形式が利用できるようにSpeedoc for RICOHでXDW形式への変換を実現。
さらに、Speedocの特徴でもあるDocuWorks Deskのユーザーフォルダへ直接保存できるので、さらに業務効率向上。

PDF形式は各利用PC上の指定のフォルダへ保存。

お客様の活用事例②

課題・お困り事

課題・お困り事

社内の申請が電子システム化されているが、領収書など紙文書の場合は、別途紙で提出したり、共有のスキャナーを利用してPDFへ変換するなど提出方法が人により変わっている。

メールにPDFを添付してやり取りする業務があり、専用のソフトウェアを導入して、PDFにパスワードをかけたり、圧縮したりしている。今後も専用のソフトウェアの導入が増える可能性あり、コストがかかる見込み。

改善 RICOH imagio MP C7500/Speedoc for RICOH/個人認証システムAE

改善RICOH imagio MP C7500 / Speedoc for RICOH / 個人認証システムAE

紙の文書は、Speedoc for RICOHを利用して、複合機から共有ファイルサーバーへPDFにて保存し、そのファイルを申請時に添付することで、申請方法を統一。Speedoc for RICOHのお気に入り機能により、よく行う業務を個人毎に登録し、さらに作業効率を向上。

Speedoc for RICOHの機能により、複合機上でパスワード付きPDFや高圧縮PDF(クリアライトPDF)へ変換できるので個別に専用ソフトウェアが不必要。

SpeedocV3 for RICOH トップページへ戻る

  • OperiusおよびOperius Certified logotypeは株式会社リコーの商標です。