製品・サービス

QuickスキャンV5 特徴

QuickスキャンV5とは

印刷

QuickスキャンV5の特徴

スキャン機能

  • 選択した保存先、ファイル名、保存形式、読み取り条件がパネル下部に表示され、わかりやすくなりました。
  • アイコンが用途によって分かりやすく表示されるようになりました。
  • スキャンする前にプレビューが表示され確認することが出来るようになりました。
  • スキャン機能
  • スキャン機能
  • スキャン機能
  • スキャン機能
  • スキャン機能

Liteスキャン機能

クライアントPCから簡単に読み取り条件やファイル形式などスキャン条件の設定が可能になりました。
カンタン・セキュアにスキャンし、指定した保存先に保存することができます。

  • Liteスキャン機能の流れ スキャンボタンはスキャン成功時または一定時間経過後に自動削除されます。 ※Liteスキャンツールは、クライアントOSのみ対象です。サーバーOSは対象外となります。

ショートカット機能

複合機パネル上にショートカットボタンが作成できます。各連携業務の表示画面を直接表示できるようになります。利用頻度の多い業務はショートカットボタンを利用することで手間を省くことができます。

●通常ホームボタン
  • QuickスキャンV5

    QuickスキャンV5
●ショートカットボタン
  • QS(Liteスキャン)

    QS(Liteスキャン)
  • QS(クラウド連携)

    QS(クラウド連携)
  • QS(楽2ライブラリ)

    QS(楽2ライブラリ)
  • QS(HotProfile)

    QS(HotProfile)

※業務ボタンが複数ある場合はそれぞれのTOP画面を表示します。

クラウド連携(別途、契約が必要)

各種クラウドサービスのストレージのフォルダが複合機の画面に表示されます。
フォルダを選択すれば、クラウドサービスのストレージに直接保存できます。
また、登録した文書を複合機のパネル上から簡単にプリントできます。
各種クラウドサービスと直接連携することで、スムーズな情報共有や業務効率を効率化させることができます。

※直接保存可能なファイル形式は、「シングル:TIFF/JPEG、PDF、クリアライト
  PDF」、「マルチ:TIFF,PDF、クリアライトPDF」のみです。
※印刷可能形式は、PDFとなります。
※クラウド連携は、別途、利用登録が必要です。
  利用サイトに対応するブラウザは、Chrome、Firefox、Microsoft Edge、Safari の各最新版と
  1つ前のリリースバージョンになります。

連携可能なクラウドサービスは、「Googleドライブ」、「Dropbox Business」、「Box」となります。

たよれーる どこでもキャビネット連携(別途、契約が必要)

社内・社外問わずさまざまなデータを共有できる、高性能・セキュアなオンラインストレージの「たよれーる どこでもキャビネット」。
インターネットに接続できる環境があればスマートデバイスからでも接続可能。PCでは、ドラッグ&ドロップで簡単にアップロードができる利用のしやすさも特徴です。
Quickスキャンと連携することで、スキャンした名刺情報も簡単・便利に共有できます。

どこでもキャビネット連携

HotProfile連携(別途、契約が必要)

HotProfileは、ハンモック社が提供するクラウド名刺管理・電話帳サービスです。
Quickスキャンと連携することで、複合機からダイレクトに名刺データ化依頼が可能です。

HotProfile連携

楽2ライブラリ連携(別途、契約が必要)

PC上で文書の管理や閲覧を、普段目にするオフィスのキャビネットやバインダの感覚そのままにおこなえるソフトウェアの楽2ライブラリで表示しているキャビネットやバインダのイメージを複合機のパネル上に再現し、さらにわかりやすく、動きのある画面デザインとなりました。

楽2ライブラリ連携

kintone連携(別途、契約が必要)

複合機の画面に表示されるkintoneの添付先レコードを選択し、直接保存。

kintoneは様々な業務システムをスピーディーに作成できる、サイボウズ株式会社が提供するクラウドサービスです。kintoneでは、クラウドサービスwebデータベース型 のビジネスアプリケーションを自由に設計することができます。 アプリケーションの設計や各種運用設定は全てノンプログラミング・マウス操作のみで完了します。これまで、表計算ソフトや紙・メールで行われていたデータ共有、ワークフローの受け渡し、業務上のやり取りをkintoneに集約することで、ビジネスオペレーションを飛躍的に効率化させることができます。

※保存可能なファイル形式「シングル:TIFF/JPEG、PDF、クリアライトPDF」、「マルチ:TIFF、PDF、クリアライトPDF」のみです。
※kintoneのスタンダードコースのみ連携可能です。ライトコースは連携できません。

kintone連携

タイムスタンプオプション(別途、オプションの契約が必要)

「いつ存在していた情報か、改ざんされていない真正な情報か」を証明

スキャンした電子データにタイムスタンプを付与する機能。
タイムスタンプを付与すれば、誰でも簡単に電子データが「いつ存在していた情報か、改ざんされていない真正な情報か」を証明することが可能となる。
タイムスタンプとは、電子データがある時刻に確実に存在していたことを証明する電子的な時刻証明書です。タイムスタンプに記載された暗号情報とオリジナルの電子データを突き合わせることで、その電子データがタイムスタンプによって証明された内容であることを確実にしかも簡単に確認することができます。

タイムスタンプオプション

e-文書対応オプション(別途、オプションの契約が必要)

国税関係書類(領収書・請求書)に対応したe-文書対応オプションをご用意。全ての領収書・請求書が電子化可能になります。

増え続ける経理書類を電子化保存が可能になるので無駄な保管スペースやリスト化する作業が削減されます。7年間保存する義務があり、同じ7年間保存するのであれば電子データがおすすめです。

※kintone本体は別途、契約が必要となります。
※e-文書法に対応するには所轄税務署の承認が必要となります。

タイムスタンプ機能

タイムスタンプとは、電子データがある時刻に確実に存在していることを証明する電子的な時刻証明書です。

一括検証ツール

タイムスタンプの有効性(タイムスタンプ付与後に改ざんされていないか)を任意の期間を指定して一括検証をおこないます。

e-文書対応オプション

やさしく名刺ファイリングPROと連携(別途、契約が必要)

名刺の情報をまとめてスキャンしてデータ化
データベースにして社内で情報共有

複合機で最大16枚(※)の名刺をまとめて読み取り、社名や氏名等の文字情報を認識、自動でデータベース化できます。スキャンした名刺の管理、修正、追加が簡単に行えます。またデータベース保護・閲覧制限・アクセスログ機能を搭載し、セキュリティも安心です。

※A3サイズで最大16枚、A4サイズで最大8枚の読み取りが可能
※やさしく名刺ファイリングPRO Ver14.0以上が必要

【活用例】

  • 宛名印刷
  • 経路検索
  • 地図表示
  • IP電話連携など
やさしく名刺ファイリングPROと連携

やさしくPDFへ文字入力PROと連携(別途、契約が必要)

読み取った画像に入力フォームをつけて
直接文字を入力し、PDFとして保存

手書きで作成していた定型フォームの帳票をパソコンから入力、流し込みができるようになるので、指定用紙や紙の帳票への手書き作業から解放されます。
スキャンした文書はPDF形式でフォーム保存できます。

※やさしくPDFへ文字入力PRO Ver9.0以上が必要

【様々な業界・業種の各種書類作成に活用できる!】

  • 官公庁や企業が発行するPDFファイル化された申請書などのフォーム
  • 宅配伝票、見積書、報告書などの各種ビジネスフォーム など
やさしくPDFへ文字入力PROと連携

e.Typist と連携(別途、契約が必要)

スキャンした様々な紙情報を、再利用可能なデジタルデータに変換。

「e.Typist」は印刷された活字文書を、スキャナなどを利用して画像データとして取り込み、テキストデータに変換する活字OCRソフトです。

※e.Typist Ver15.0以上 またはe.Typist NEO Ver15.0以上が必要

書籍や雑誌を様々なデータに変換

  • 書類や資料をWordデータに変換!
  • 住所録や表原稿 をExcelやCSVデータに変換!
  • PDFをWordデータに再変換!
e.Typist と連携

Ridoc DocumentSystem連携(別途、契約が必要)

紙のドキュメント以上に、スムーズで快適な情報活用を可能にします

Ridoc Document System は、リコーのデジタル複合機やプリンターと連携して、ドキュメントのペーパーレス処理、一元管理、そして社内外とのシームレスなドキュメント共有を実現。Ridoc Desk NavigatorまたはRidoc Smart Navigator と連携します。

※Ridoc Desk Navigator Ver4.1.1.0以上が必要です。
※Ridoc Smart Navigator Ver2.1.2.0以上が必要です。

Ridoc Desk Navigatorの個人キャビネットやRidoc Smart Navigatorのフォルダへ直接スキャンデータの保存が可能!
スキャンデータの移動やリネームの手間もありません。

Ridoc DocumentSystem連携01 Ridoc DocumentSystem連携02

Quickスキャン V5 トップページへ戻る