Easyファクス

カンタン、スピーディに紙文書を多彩な形式の電子文書へ!

Easyfaxにおまかせください!

Easyファクスは受信したファクス文書を電子化し、あらかじめ設定した条件により、自動でフォルダーへ振り分けると同時にファイル名変更処理を行います。転送先は、共有フォルダーやクラウドサービスの選択が可能で、クラウドに保存することで外出先からでも確認することができます。

働き方改革の一環としてペーパーレス化による業務効率を図る企業の増加。
また、昨今の情勢に伴い、より一層テレワークへの関心が高まっています。
しかしながら、ファクスでの業務が必須である企業様が多いことも現実。
そんなファクス業務が必須の企業様のビジネスをお助けするのが『Easyファクス』です。


ファクス業務の課題

  • 外出先からファクス受信文書を確認したい
  • ファクス受信文書の仕分け作業・配布作業に手間と時間がかかる
  • 問い合わせ時に必要なファクス文書を探すのに時間がかかる
  • 出力不要なファクス受信文書に、無駄な紙のコストがかかる
  • 受信したファクス文書が紙で放置されていて、紛失が心配
  • ペーパーレス化を進めたいけど、ファクス業務は必要

虫眼鏡イメージ


Easyfaxにおまかせください!

●クラウドへの保存が可能

転送先は、共有フォルダーやクラウドサービス※1を選択できます。
クラウドサービスに保存することにより、外出先でも出張先でも自宅でも、場所にとらわれないタイムリーな対応が可能となります。
ファクスを確認するために会社へ出社する必要もないので、リモートワークに最適です。

※1 クラウドサービスは別途、契約が必要です。

●自動振り分け機能

受信をしたファクス文書を送信元情報や受信年月日など、あらかじめ設定したフォルダーへ自動で振り分けて保存ができるので、仕分け・配布の作業が必要ありません。
また、保存と同時にファイル名のリネームも行ってくれるので、お客様から問い合わせがあった際や必要な文書を探したい時に、パソコン上ですぐに検索ができます。

●コスト削減、情報漏えい対策

受信したファクス文書は自動で電子化保存されるので、必要なものだけを選んで紙出力ができます。
そのため、紙出力が不要なファクス文書のコスト削減が可能になります。
また、紙出力された文書が置きっぱなしになっていたり、うっかりファクス文書を紛失してしまう心配もないので、情報漏えい対策にも効果が期待できます。

●今までの環境はそのまま、ペーパーレス化へ一歩前進

「やはりファクスは紙出力しないと不安」「受発注など大事な業務に使っているから、やり方を変えるのは躊躇してしまう」そんな企業様も多いと思います。Easyファクスはデータのバックアップとしても活躍します。
今まで通り紙出力はそのままで、将来的なペーパーレス化への移行の第一歩としても選ばれています。
もちろん導入設置はすべておまかせなので、お客様の手を煩わせることはありません。

製品紹介動画

製品

製品の概要を動画にて分かりやすくご紹介しています。
まずは、コチラをご覧ください!

Easyファクス製品

製品

ファクス受信文書の電子化と仕分けをもっと便利に効率化!
製品の詳細をご覧ください。

詳しくはこちら

Easyファクス活用事例

活用事例

Easyファクスは、複合機の可能性を広げるソリューション。様々なシーンで、ファクス業務の効率化を実現します!

詳しくはこちら

PAGE TOP