Linux製品詳細 サーバー・デスクトップ・アドオン製品詳細

Red Hat Enterprise Linux 製品詳細

Red Hat Enterprise Linuxにはサーバー製品、デスクトップ製品、アドオン製品の3つのカテゴリーがあります。

関連情報(Red Hat社サイト)

サポート関連情報

Server

主要なハードウェアプラットフォームをすべてサポートし、多くのアプリケーションをサポートしているRed Hat Enterprise Linuxは、全世界で企業やデータセンターの標準となっています。

バージョン比較表 Red Hat Enterprise Linux製品サブスクリプションの定義に基づいたServer製品のサポート制限

  Version 3 Version 4 Version 5 Version 6
  AS ES AS ES Advanced Platform Server Server
最大物理CPU/ソケット数 [※1] 無制限 2 無制限 2 無制限 2 サブスクリプションによって変化
最大メモリ容量 無制限 8GB 無制限 16GB 無制限 無制限 無制限
最大仮想化ゲスト/インスタンス数 [※2] N/A N/A N/A N/A 無制限 4 1/4/無制限(サブスクリプションによって変化)
ストレージ仮想化(Red Hat GFSとRed Hat Cluster Suiteを使用) N/A N/A N/A N/A あり なし オプション
付属しているRed Hat Networkモジュール Update Module Update Module Update Module Update Module Update Module Update Module Update Module

[※1] Red Hatでは物理CPUをソケットと等価として定義しているため、購入すべきサブスクリプションを決定する際、マルチコアおよび/またはハイパースレッディングCPUは1ソケットとしてカウントします。

[※2] Red Hat Enterprise Linuxに含まれる仮想化機能を使用する場合

ページトップへ戻る

Red Hat Enterprise Linux for Server

用途 ミッションクリティカルコンピューティング環境でのLinuxプラットフォーム利用
特長 物理環境、仮想化環境、クラウド内における導入が可能。Apache/Tomcat、PHP/Perl/Python、MySQL/PostgreSQLを含む包括的なLAMPスタック、NFS、CIFS/SMB、CUPSによるファイルおよびプリントサービス、openldapやkerberos5の認証を含む。

ページトップへ戻る

Red Hat Enterprise Linux for IBM POWER

用途 IBM POWER®システム上でのLinuxプラットフォーム利用
特長 x86、Power、およびメインフレームにわたる標準化により、運用と開発の負担軽減を実現。Power7の最新機能およびLPARによるハードウェアパーティショニングをサポート。

ページトップへ戻る

Red Hat Enterprise Linux for HPC

用途 学術分野のユーザー向け
特長 軽量なコンポーネントセット、優れたハードウェア検出/モニタリング機能、集中型の認証/ロギングサービス、高速のI/Oなど、HPCグリッドインフラストラクチャノードを前提として設計されたパッケージ。

ページトップへ戻る

Desktop

Red Hat Enterprise Linuxの強固でセキュアな基盤と、オープンソースコミュニティーで開発されたエンドユーザーアプリケーションおよび機能をRed Hat Enterprise Linux Desktopは、デスクトップPCやノートPC環境で利用いただけます。

バージョン比較表 Red Hat Enterprise Linux製品サブスクリプションの定義に基づいたDesktop製品のサポート制限

  Version 4 Version 5 Version 6
  Workstation Desktop Desktop Desktop
with Workstation option
Desktop
with Multi OS option
Workstation Desktop
最大物理CPU/ソケット数 [※1] 2 1 1 2 1 2 1
最大メモリ容量 無制限 4GB 4GB 無制限 4GB 無制限 8GB
最大仮想化ゲスト/インスタンス数 [※2] N/A N/A N/A N/A 4 1 1
ストレージ仮想化(Red Hat GFSとRed Hat Cluster Suiteを使用) N/A N/A なし なし なしo なし なし
付属しているRed Hat Networkモジュール Update Module Update Module Update, Management, & Provisioning modules Update, Management, & Provisioning modules

[※1] Red Hatでは物理CPUをソケットと等価として定義しているため、購入すべきサブスクリプションを決定する際、マルチコアおよび/またはハイパースレッディングCPUは1ソケットとし てカウントします。

[※2] Red Hat Enterprise Linuxに含まれる仮想化機能を使用する場合

ページトップへ戻る

Red Hat Enterprise Linux Workstation

用途 上級Linuxユーザー向け
特長 Desktopバリエーションで提供されるツールに加えて、Workstationバリエーションは、スタンドアロンの開発環境をサポート。

ページトップへ戻る

Red Hat Enterprise Linux Desktop

用途 個別作業を行うユーザー向け
特長 Linuxの特長である協力なセキュリティに加えWindowとの相互運用が可能なデスクトップアプリケーション、高いユーザーエクスペリエンスを実現。

ページトップへ戻る

アドオン

Red Hat Enterprise Linuxにアドオン製品を追加し、機能拡張することで、ご使用のアプリケーション環境を特定のコンピューティング要件に合わせて調整することができます。

アドオン製品の対応表

アドオン製品 対応製品
High-Availability Red Hat Enterprise Linux Server
Resilient Storage Red Hat Enterprise Linux Server, Red Hat Enterprise Linux for HPC Head Node
Load Balancer Red Hat Enterprise Linux Server
Scalable File System Red Hat Enterprise Linux Server, Red Hat Enterprise Linux for HPC Head Node, Red Hat Enterprise Linux for HPC Compute Node
High Performance Network Red Hat Enterprise Linux Server, Red Hat Enterprise Linux for HPC Head Node
Smart Management Red Hat Enterprise Linuxの全バージョンで使用可能
Extended Update Support Red Hat Enterprise Linux Server、Red Hat Enterprise Linux for IBM System z、Red Hat Enterprise Linux for IBM POWERで使用可能

ページトップへ戻る

High Availability

用途 可用性関連
特長 オンデマンドのフェイルオーバー機能によって、アプリケーションの高可用性を実現し、仮想ゲストに対しても設定可能。Apache、MySQL、PostgreSQLといった既製アプリケーションのフェイルオーバーをサポート。
対応製品 Red Hat Enterprise Linux Server

ページトップへ戻る

Resilient Storage

用途 可用性関連
特長 同じストレージデバイスに対して最大16ノードのサーバからの同時アクセスが可能。Microsoft Windows環境でのファイル共有サーバーであるSambaのクラスタ化によるスケールアウトを実現。
対応製品 Red Hat Enterprise Linux Server, Red Hat Enterprise Linux for HPC Head Node

ページトップへ戻る

Load Balancer

用途 可用性関連
特長 Webサービス、データベース、ネットワーキング、ストレージの冗長性を実現。仮想アドレスの作成によるサーバーの追加/削除、バランシングアルゴリズムの変更などをブラウザーベースのGUIによって調整可能。
対応製品 Red Hat Enterprise Linux Server

ページトップへ戻る

Scalable File System

用途 スケーラビリティ関連
特長 16TBを超える規模のファイルシステムサポートを提供。
64ビットジャーナリングや高度なロックアルゴリズムなどの先進機能を搭載。
対応製品 Red Hat Enterprise Linux Server, Red Hat Enterprise Linux for HPC Head Node, Red Hat Enterprise Linux for HPC Compute Node

ページトップへ戻る

High Performance Network

用途 スケーラビリティ関連
特長 システムコールとカーネルコールをバイパスしてデータをリモートシステムのメモリーに直接転送することにより、CPUオーバーヘッドを軽減するRoCE(*Remote directory memory access over Converged Ethernet)を実現。低遅延が要求される高速データ処理アプリケーション、クラスターロックの高速化、分散型システムにおけるアプリケーションのスケールアップに最適。
対応製品 Red Hat Enterprise Linux Server, Red Hat Enterprise Linux for HPC Head Node

ページトップへ戻る

Smart Management

用途 運用・管理関連
特長 Red Hat NetworkとRed Hat Network Satellite用のマネージメント、モニタリング、およびプロビジョニングサポートモジュールを含む。このアドオンを追加すると、Red Hat Enterprise Linuxシステムを簡単にプロビジョニングし、単一組織と多組織の両方の構成でシステムアップデートを管理することが可能。
対応製品 Red Hat Enterprise Linuxの全バージョンで使用可能

ページトップへ戻る

Extended Update Support

用途 運用・管理関連
特長 特定バージョンのスナップショットを継続利用するお客様向け拡張アップデートサポート。通常18カ月のアップデートサポート期間の延長、重複したリリースサポートの提供。
対応製品 Red Hat Enterprise Linux Server、Red Hat Enterprise Linux for IBM System z、Red Hat Enterprise Linux for IBM POWERで使用可能

購入の流れ

価格について

  • 詳しい製品内容はRedHatサイトへ

ページトップへ戻る

Linuxプラットフォームトップへ戻る