Linux製品・サービス 高性能オペレーティングシステム

Red Hat Enterprise Linuxの製品とサービス

Red Hat Enterprise Linux(以下RHEL)は、全世界のシステムで採用されている高性能なオペレーティングシステムです。レッドハットのパートナーとして10年以上の実績を持つサイオステクノロジーは、お客様のデスクトップ環境からミッションクリティカルシステム、仮想化のプラットフォームまで、RHELを安心して導入していただくための、専門的なノウハウおよびサービスを提供しています。

サブスクリプション

Red Hat Enterprise Linux (以下RHEL)は、サブスクリプション契約となっています。
サブスクリプションとは、RHELの製品保証やテクニカルサポート、バグ修正、アップデートの入手などを含む、サポートサービスを受ける権利です。

サブスクリプション/関連サービス

Red Hat Enterprise Linuxのライフサイクル

Red Hat Enterprise Linuxの主要バージョンのライフサイクルは最長10年間で、7年間の通常ライフサイクルとオプションの3年間の延長で構成されています。すべてのRHELサブスクリプションには、通常の7年間のライフサイクルが含まれています。延長期間をご希望のお客様は、最長3年間の追加ライフサイクルをお申し込み(別途ご購入)いただけます。

サイオスによる各種関連サービス

サイオステクノロジーは、購入更新支援サービス、サブスクリプション期間調整、Red Hat Network Satelliteなど各種関連サービスを、提供しています。

購入更新支援サービス

購入申請書の作成、更新案内、ご相談窓口

サブスクリプション期間調整

契約期間統一、契約管理、ご相談窓口

OSSサポートサービス

調査・解析 テクニカルサポート

購入更新支援サービス

新規購入時の購入申請書の作成サポートや、サブスクリプション更新タイミングの事前連絡、更新手続き方法のご案内など、お客様のRHEL契約・更新手続きを、きめ細やかにサポートします。

サイオステクノロジーでは、主に3つの更新支援サービスを無償で提供しています。

1. 購入申請書の作成サポート
サブスクリプション更新では、購入申請書の提出が必須となっています。サイオステクノロジーでは、購入申請書の記入方法をご案内します。
2. 契約期間満了の事前連絡
サブスクリプション期間満了の3ヶ月前より、購入申請書に基づき、更新連絡先へご案内を差し上げます。
3. 相談窓口の常設
契約に関する窓口を常設し、専任チームがお客様のご質問にお答えします。

ページトップへ戻る

サブスクリプション期間調整

契約終了日が異なる複数のサブスクリプションをお持ちの場合、全ての契約終了日を合わせることで、煩雑な管理を簡略化できます。

【購入をご検討いただきたい場面】

  • 複数のサブスクリプション管理や、更新手続きの負担を減らしたい
  • ハードウェアサポート期間や、顧客にサービスを提供する期間に、OSのサポート期間もあわせたい

サブスクリプション期間調整

【期間調整メリット】

  • 契約更新の手続きが1回で行える
    管理サーバーの契約期間を同一期間にするため、都度実施していた更新手続きがなくなります。
  • 管理漏れせず、台数の把握が可能
    管理アカウントの統一ができるため、管理漏れをなくし、管理する台数をカンタンに把握できます。
  • 契約期間を自由に設計可能
    1年、3年という期間のサブスクリプションに日単位で期間を追加し、契約頂くことが可能となり、例えば、通常製品にない2年や4年の契約も可能となります。

注意事項
※1: 1年に満たないサブスクリプションは原則としてご提供しておりません。
※2: トータル費用は1年分の更新費用+期間調整分の日割費用となります。(上右表における水色+青色のマスが費用支払い期間となります)

ライフサイクル、ELS、その他サポートサービスに関するご質問には、サイオステクノロジー専門スタッフがお答えします。

Red Hat Enterprise Linuxについてのお問い合わせ

ページトップへ戻る

Linuxプラットフォームトップへ戻る