Designer WebReportCafe Designer

WebReportCafe Designer 製品詳細

WebReportCafe Designerは、帳票を設計するアプリケーションです。
Javaのプラットフォームで利用可能な帳票レイアウトをビジュアルな操作で容易に設計可能です。
また、スクリプトを帳票へ埋め込むことが可能で、動的な帳票をプログラミングレスで作成することが出来ます。さらに、PDFフォームや画像出力機能により、対話型帳票ソリューションを実現します。

WebReportCafe Designer

WebReportCafe Designerの特長

特長1 簡単な設計を実現する、豊富な機能

  • PDFプレビュー機能
    設計中のレポートを瞬時にPDFおよび印刷イメージとしてプレビューすることが可能です。
  • ビジュアルSQLエディター
    GUIでSQL文を簡単に作成することできます。サブクエリー、外部結合、集合関数に対応し、以下のRDMBSに対応するSQL文を自動で生成することもできます。
    - Oracle, SQL Server, DB2, PostgreSQL, MySQL, HSQLDB
  • 下絵機能
    イメージデータを帳票設計ツール「WebReportCafe Designer」上へ表示させることができます。
  • フォームオーバーレイ機能
    データによって展開する動的レイアウトに加え、単表形式の定型レイアウトをサポートします。

ビジュアルSQLエディター

特長2 かゆいところに手が届く、帳票設計機能

  • 外字対応
    Windowsの外字フォントをPDFに埋め込むことが可能です。これにより、PDFを閲覧するクライアントPCに、別途フォントファイルを用意する必要がありません。
  • 日本語、中国語、韓国語対応
    Designer上で日本語、中国語、韓国語が混在するPDF帳票の出力が可能です。
  • テキスト折り返し縮小
    指定した範囲に収まるように、文字列を折り返し、文字の大きさを自動的に調節する機能です。
  • 特定文字回転
    特定の文字を90度回転させる機能です。改行を入れることで縦書き表現を実現します。

多言語対応 特定文字回転

特長3 スクリプトの埋め込みで表示制御を実現

  • 表示条件機能
    テキスト、データ、図形等あらゆるプリントオブジェクト、またはセクションに表示条件式を設定できます。条件式スクリプトはGUIエディタを利用して簡単に設定することができます。
    これによりデータソース中の項目値を参照し、その値によって表示/非表示を動的に切り替える事がDesignerのみでできます。
  • 式列計算
    データソースから取得したデータ項目を利用した計算処理を行なう事が可能です。
    計算式スクリプトはGUIエディタを利用して簡単に設定できます。

表示条件機能

特長4 さまざまなセキュリティ機能

  • 電子署名
    証明書にベリサインドキュメントサイニング用Digital IDを採用。発行者を明確にして改ざんを防ぎ、文書の信頼性を飛躍的に高めます。
  • PDFパスワード設定
    生成するPDFファイルへパスワードをDesigner上で設定できます。パスワードを管理する事により、特定の人物のみ閲覧を可能とします。

電子署名機能 PDFパスワード設定

特長5 対話型レポーティングによりリッチクライアントやAjax環境へ対応

  • PDFフォーム
    PDFフォームを利用することで、入力可能な対話型のPDF文書を作成できます。さらに、入力された値をサーバと送受信するようなリッチクライアントを実現することも可能です。企業の多くのシステムがオープン化/Webシステムに移行するなか、申請書、経費精算書、見積書といった社内で頻繁に利用される帳票は、紙やOffice ソフトを利用するケースが多いのが現状です。そこで、最新機能であるPDFフォーム機能を利用することで、これらの帳票をPDFで作成する事が可能です。

    PDFフォームを利用した見積書

  • 画像出力対応
    画像出力機能を利用することで、携帯電話、PDAなどのクライアントを選ばない帳票出力を可能にします。

    Ajaxを利用したリアルタイムに画像を表示するWebシステム