LifeKeeper/DataKeeper

SCSK株式会社様 導入事例

コンタクトレンズのメーカー及び代理店と販売施設を結ぶWeb発注システムの可用性を向上
クラウド上で「LifeKeeper」を活用し、高稼働率のサービスレベルを確約

導入製品
LifeKeeper/DataKeeper
導入目的
クラウド上で運用
導入システム
Web発注システム

24時間365日のサービス提供において99.99%以上の稼働率を実現

一般社団法人日本コンタクトレンズ協会(以下、日本コンタクトレンズ協会)は、販売店からメーカー及び代理店へ24時間365日いつでもどこからでも簡単に発注ができるインターネット注文システム「Web-CLIOS」をリニューアル。同システムを管理するSCSK株式会社(以下、SCSK)は、クラウド上での高稼働率を確保すべく、稼働率99.99%以上の実績を持つSCSKのインフラクラウドサービス「USiZEシェアードモデル」に「LifeKeeper」ならびに「DataKeeper」を組み合わせたHA構成による運用基盤を構築。ハードウェアや仮想マシンのみならずアプリケーション上の異常も検知し、万が一のトラブル発生時も迅速にサービスを復旧・継続する体制を整えた。

SCSK株式会社様 導入事例についてのお問合せはこちら

24時間365日サービスを提供するコンタクトレンズの発注システムをクラウドへ

石原 智 氏
石原 智
流通システム事業部門
流通システム第二事業本部
クラウドサービス部
第一サービス課
シニアエンジニア

コンタクトレンズの普及と業界の発展を支える日本コンタクトレンズ協会が運営しているのが「CLIOS(Contact Lens Information & Order System)」と呼ばれるネットワークシステムである。いつでもどこからでもWebブラウザから簡単に発注ができる注文システムを「Web-CLIOS」として提供している。

より簡便に使えるシステムへの発展を目指し、日本コンタクトレンズ協会は2013年に「Web-CLIOS」のリニューアルを実施。同協会より委託を受け、このCLIOSの構築・運用を担っているのがSCSKだ。同社のクラウドサービス部 第一サービス課 シニアエンジニアの石原 智氏は、次のように話す。

「安定したサービスを必要な分だけ従量課金型で利用したいというのが日本コンタクトレンズ協会様の一貫した要件です。この思いに応えるためにリニューアルに際して、それまでホスティング型で運用していたシステム基盤をクラウドに移行しました」

障害時にビジネスへの影響を最小限にするためアプリケーションまで監視するHA機能が不可欠

阿部 哲雄 氏
阿部 哲雄
流通システム事業部門
流通システム第二事業本部
クラウドサービス部
基盤サービス課
シニアエンジニア

「Web-CLIOS」の新しい運用基盤として用いられることになったUSiZEシェアードモデルは、単にコンピューティングリソースを提供するだけではなく、40年間で培ったシステム運用ノウハウとITサービスマネジメントにおけるベストプラクティスであるITILを融合させた運用マネジメント体制のもとで、高品質なサービスを実現しているのが特長だ。ただ、これでも万全とは言えない。「日本コンタクトレンズ協会様が求められるサービスレベルを実現するには、アプリケーションのレイヤーの可用性を高める仕組みが必要でした」と石原氏は語る。

USiZEシェアードモデルにもHA(高可用性)機能は備わっており、例えばホストサーバーに故障が発生した場合、その上で稼働している仮想マシンを別の健全なホストサーバーに丸ごと移動させることで容易にフェイルオーバーさせることができる。しかし、ネイティブの仮想化基盤で監視できるのはあくまでもゲストOSの死活状態までであり、アプリケーションの障害までは検知できない。

SCSK クラウドサービス部 基盤サービス課 シニアエンジニアの阿部 哲雄氏は、「ホストサーバーやゲストOSは正常に動作しているように見えても、その上で動作するアプリケーションが何らかの原因によってフリーズしたり、ダウンしたりしてしまうケースが多々あります。したがって「Web-CLIOS」のようなミッションクリティカルなサービスの場合、アプリケーションまで監視できるHA機能が不可欠なのです」と語る。

「LifeKeeper」と「DataKeeper」の連携で短時間のフェイルオーバーを実現

池田 雄介 氏
池田 雄介
ITマネジメント事業部門
基盤インテグレーション事業本部
金融基盤インテグレーション部
システム基盤技術第一課
マネージャ

この課題を解決すべくSCSKが注目したのがクラウド対応のHAクラスターソフトウェアであり、いくつかのベンダーの製品を比較検討した結果、サイオスの「LifeKeeper」の採用を決定した。SCSK クラウドサービス部 基盤サービス課長の永島 誠氏は、その理由を次のように語る。

「HAクラスターソフトウェアは導入の容易性もさることながら、長期にわたっていかに信頼性の高い運用を維持できるかがより重要です。SCSK自身もサイオスのSI&サポートパートナーとして「LifeKeeper」を取り扱っており、社内の身近なところにサポート体制が整っていることが決め手となりました」
そのSI&サポートパートナー施策の窓口として活動しているSCSK 金融基盤インテグレーション部 システム基盤技術第一課 マネージャの池田 雄介氏が、今回の製品選定にあたってイチオシしたのは「LifeKeeper」の操作環境である。
「Web-CLIOS」をはじめとするクラウド上のさまざまなサービスの運用管理は十数名の技術者が担っているが、いざという事態が起こったとき、誰が担当していたとしても戸惑うことなく迅速に対処できなければならない。「その意味からも直感的に操作できる「LifeKeeper」の運用管理GUIは他社製品に対する大きな優位性となっており、実際に運用部門へのスムーズな引き渡しができました」と池田氏は語る。

さらに、阿部氏は、「LifeKeeper」と共に「SIOS Protection Suite」を構成している「Data Keeper」の活用に言及。「『DataKeeper』を本番系ノードと待機系ノードの間の共有ストレージとして見立てることで高速なデータミラーリングを行い、万が一本番系ノードに異常が起こった場合でも、より短時間でフェイルオーバーできる仕組みを構築することができました。これもまた他製品では得られない『LifeKeeper』ならではのメリットです」と語る。

「Protection Suite」がもたらす高可用性はSIビジネスやクラウドサービスの「武器」になる

永島 誠 氏
永島 誠
流通システム事業部門
流通システム第二事業本部
クラウドサービス部
基盤サービス課長

「Web-CLIOS」がリニューアルしてからすでに2年以上の歳月が経過したが、システム基盤は重大なトラブルを一度も起こすことなく安定した運用を続けており、「稼働率99.99%以上の実績を残しています」と石原氏は語る。

SCSKでは他サービスや案件においても積極的に「Protection Suite」を活用していくという。池田氏は、「ミッションクリティカルな業務のクラウド移行がますます加速していくと予測される中、『LifeKeeper』および『DataKeeper』による高度な可用性は、SCSKのコンサルティング/SIビジネスやクラウドサービスにとって強力な武器になると考えています」と今後の展開を見据えている。

利用イメージ図

SCSK株式会社様 導入事例PDF版はこちら

導入企業情報

所在地 東京都江東区豊洲3-2-20
設立 1969年
資本金 211億5200万円
従業員数 11,754名( 連結)(2015年3月31日現在)
業種 情報・通信業
ホームページ https://www.scsk.jp/

ピックアップ導入事例

セイコーエプソン様
LifeKeeper

FUJITSU Cloud Service S5とLifeKeeperで障害復旧時間を大幅に短縮

IDOM様
DataKeeper

共有ストレージ不要のシンプルなHAクラスター“SANLess Clusters”をAWS上で実現

エムティーアイ様
SANLess Clusters

サイトごとの多様なストレージ要件に対応し、ローカルディスクを利用した運用環境で高度な可用性とパフォーマンスを確保

カカクコム様
LifeKeeper

コンタクトレンズのメーカー及び代理店と販売施設を結ぶWeb発注システムの可用性を向上

大日本印刷様
LifeKeeper

ASP型ポイントシステムソリューションに超高速ストレージ「ioDrive2」と「LifeKeeper」を採用

PAGE TOP