製品・サービス

LifeKeeper対応ソフトウェア

LifeKeeperによるHA化実績のある主なソフトウェアの一覧です。
オプション製品のARK(Application Recovery Kit)を使用することで、多くのクラスターソフトで必要とされる『制御スクリプトの作成』をせずともクラスター環境の構築が可能です。
これにより、サービスインまでの大幅な工数の短縮が可能となります。
また、サイオスは多くのパートナー企業様とソフトウェアのコラボレーションを実現しています。

LifeKeeper for Linux & Windows対応ソフトウェア一覧表

カテゴリ 対応ソフトウェア 対応OS SIOSがARKを提供 SIOSがGeneric ARKのスクリプトを提供 SIOSがGeneric ARKのスクリプトをWeb上で公開 構築手順書とGeneric ARKのスクリプトを、パートナー企業様が提供 Generic ARKを使用して、アプリケーションの保護を行った実績有り
メール Postfix Linux        
Dovecot Linux        
Qpopper Linux        
Courier-IMAP Linux        
Cybermail Linux        
Xgate(Tomcat) Linux        
qmail Linux        
MailStream Manager Linux        
Mailman Linux        
Sendmail Linux        
James Linux        
IIS(SMTP) Windows        
Exchange Server Windows        
Exchange 2007 Windows        
ウェブ Apache Linux        
IIS(HTTP/HTTPS) Windows        
データベース Oracle Linux        
Oracle Windows        
Microsoft SQL Server Windows        
DB2 Linux        
Infomix Linux        
SAP (Sybase) ASE Linux        
SAP HANA Linux        
SAP MaxDB Linux        
PostgreSQL Linux        
PostgreSQL Windows        
Enterprise DB Postgres Plus Linux        
MySQL Linux        
PowerGres HA Linux      
Tibero Linux        
DB2-HADR Windows        
OracleDataGuard Linux        
Tamino Linux        
Symfoware Server Enterprise Edition Linux        
FUJITSU Software Enterprise Postgres Linux        
MariaDB Linux        
ファイルサーバー IIS(FTP) Windows        
NFS Server Linux        
Samba Linux        
アプリケーションサーバー InfoSphere QualityStage
(旧WebSphere QualityStage)
Linux        
Oracle Application Server Linux        
Tomcat Linux        
Jboss Linux        
ERP SAP (NetWeaver) Linux        
監視・運用 JP1/AJS3 Manager Linux        
JP1/AJS3 Agent Linux        
syslog-ng Linux        
Zabbix Linux        
グループウェア サイボウズ ガルーン Linux        
データ連携 DataSpider Linux/Windows        
HULFT Linux        
HULFT HUB Linux        
eTransporter Linux        
その他 WebSphere MQ Linux        
FENCE-Mail For Gateway Linux        
Tacacs Plus Linux        
Oracle Secure Enterprise Search Linux        
BOXERBLOG SonarPlus Linux        
BOXERBLOG iB Linux        
intra-mart Linux        
基盤 Logical Volume Manager(LVM) Linux        
Software RAID(MD) Linux        
NFS Client(Network Attached Storage) Linux        
SDD Multipath Linux        
EMC PowerPath Linux        
Device Mapper Multipath(DMMP) Linux        
Hitachi Dynamic Link Manager Software(HDLM) Linux        
NEC iStorage StoragePathSavior(SPS) Linux        
Gfarm Linux        

LifeKeeper Generic ARK(専用スクリプト)について

LifeKeeperでは、Application Recovery Kit(ARK)が対応していないアプリケーションを保護する仕組みとして、Generic ARKという機能をご用意しています。ユーザ様ご自身の手でアプリケーションを制御する専用のスクリプトを作成し、LifeKeeperに リソースとして組み込みむ事でLifeKeeperによる保護を可能とします。
Generic ARKの公開情報についてはこちら
専用スクリプトのご相談・作成依頼をご検討のお客様は、弊社営業までお問い合わせください。

Quick Service Protectionについて

LifeKeeper for Linux v9.1からは、新機能"Quick Service Protection"を利用することにより、GUI上での簡単な設定のみでLinux上の一般的なサービスをLifeKeeperの保護対象とすることが可能となりました。
Quick Service Protectionについてはこちら

ブログサイト[ビジネス継続とITについて考える]にて、QSP(Quick Service Protection)の具体的な使い方をご紹介しております。
よろしければこちらもご覧ください。

[Linux]Zabbix3.0を、スクリプトを書かずに簡単にHAクラスター化してみる
[Linux]QSP(Quick Service Protection)を使って簡単にNginxをクラスター化してみる
QSP(Quick Service Protection)を使ったsquidのHAクラスター化(前編:Phase1~2)

LifeKeeperトップページへ戻る
PAGE TOP