Oracle SE2 RACをご利用中の方へ
Oracle RACに関する課題と解決策

Oracle Database 19c では SE2(Standard Edition2) RACがサポートされません。
Oracle SE2 RACユーザーが抱える課題と、その解決策をご紹介します。

「OracleRACの課題と解決策」
資料ダウンロードはこちら

こんな課題に直面していませんか?

課題1

Oracle Database SE2(Standard Edition2)の登場により、Oracle RACを使用する際の制限が強化されてしまい、可用性の確保に悩んでいる。

課題2

Oracle Database 19c では SE2 RACがサポートされない。でもコストが跳ね上がるEE(Enterprise Edition)への移行は避けたい。その解決方法に悩んでいる。

SE2 RACユーザを苦しめる 19C SE2 RACユーザを苦しめる 19C

課題に対するサイオステクノロジーからのご提案

違う方法で可用性を担保する選択肢を検討してみませんか?

こんなメリットがあります!

  • 圧倒的なコスト面での優位性!
  • 劇的に運用が楽になる!
  • 物理/仮想/クラウドを問わず、可用性を高めることが可能!
こんなメリットがあります!

【インタビュー】
変わるOracle RAC、その有効性とクラウド時代の課題

Oracle RACの有効性と、これからの時代における課題について、
年間約300件のOracle関連プロジェクトを取り扱う株式会社システムサポートのキーマンの方に、Oracle RACに関する現状をインタビューしました。

画期的だったOracle RACの登場

Oracle RACが登場する以前は、クラスターといえばアクティブ/スタンバイの形態でした。
Oracle RACはアクティブ/アクティブのクラスターを実現し、スケールアウトも自在にできるデータベースでした。この機能は他のどのデータベースも備えていませんでしたから、その全てが画期的…

株式会社システムサポート

さらに・・・

【DBマイグレーションで可用性を落とさずコスト削減する方法】

Oracle RACに関する課題と解決策

商用データベースユーザーが抱える3つの課題

  • 課題1:年々積みあがるサポート費用
  • 課題2:ライセンスの統廃合
  • 課題3:時代に合わないライセンス体系

商用データベースユーザーが抱える課題の
解決策をご紹介しています。

購入前のお問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください
PAGE TOP