エンジニア O.T

エンジニア O.T.

エンジニア
O.T.

大学卒業後、ITエンジニアとしてシステム構築・運用保守、自社サービスの企画開発、プロジェクトマネジメントを経験。2012年サイオステクノロジーへ中途入社。認証基盤構築、クラウドインテグレーション、OSSを利用したシステム構築を担当。現在は、技術部門マネージャーとしてエンジニアチームを統率する。

入社経緯

入社経緯

お客様の課題解決に最適な提案を

Linux関連の優秀なエンジニアが多く、またオープンソースに強い会社だからこそ、特定のメーカー等に依存せずに、お客様の課題解決にフィットするシステムを制約なく提案できるだろうと考えていました。

入社後は、主に大学を中心とした教育機関への認証系の基盤構築やクラウドサービスの導入支援、またOSSを活用したシステム設計に携わり、コンサルティング、システム提案、SE、プロジェクトマネージャーまで、幅広く担当してきました。

現在はグループマネージャーという立場で、目標数値の達成に向け複数のプロジェクトを管理し、次年度、さらにそれ以降の期間までを視野に入れ、事業全体を見据えて業務に取り組んでいます。

マネージャーとして

誠実、堅実なご提案だからこそ得られる信頼

メンバーには、私が全てを指示するのではなく、出来る限り彼らの意見やアイデアを吸い上げるよう留意しています。自分自身の考えを積極的に表明し、それに責任を持つことで成長して欲しいと考えています。私自身も、メンバーと技術的な意見交換をしている時は非常に楽しいですね。

またお客様には、誠実、堅実なご提案を行うことを強く意識しています。私たちを信頼してご相談を頂いている以上、中途半端な仕事は絶対にしたくありません。
その点を評価して頂いているからだと思うのですが、当社には「他社が完成できなかったプロジェクト」のご依頼が来ます。技術的な難易度が高いプロジェクトでも、サイオスなら最後まできちんと仕上げてくれるだろう、という信頼があるからですよね。

最近では、以前プロジェクトをご一緒させていただいたお客様から、私に直接、追加の案件のご相談や他のお客様をご紹介いただくことが増えています。もちろん、サイオスの看板あっての話ですが、これにはモチベーションが高まります。

システムインテグレーションでは、売り物が「技術力」。エンジニアの技術力を高く評価していただけるような仕事をしたいと常に思っています。
例えばOSSを利用したシステムインテグレーションでは、自分たちで調査・検証を行い、技術課題を解決していかなければなりません。その点、サイオスにはスキルの高い頼りになる技術者が多数いますので、難易度の高いプロジェクトに対しても臆することなく提案をすることができます。

マネージャーとして

今後のキャリア展望

今後のキャリア展望

技術課題の解決とビジネスの成功、両面での貢献

技術への強い好奇心から、特定の技術や業界にこだわりなく仕事をしてきました。お客様の課題を技術で解決し貢献したいという思いは一貫していますが、最近ではお客様そしてサイオスのビジネスの成功に貢献したいという思いが強くなってきています。

いま私の部門にはLinux、認証基盤、クラウド領域のスペシャリストがいますが、より多様なスキルを持つエンジニアに参画してもらい、解決できる領域をさらに広げていきたいと考えています。また、私自身を含む、エンジニア個々がより高い付加価値を提供できるよう、継続してチャレンジしたいと思っています。

※社員名はイニシャル表記です

採用情報TOPへ
  • エンジニア

    エンジニア T.T.

  • エンジニア

    エンジニア O.T.

  • 営業

    営業 T.M.

PAGE TOP