OSSよろず Ansible Support

「Ansible」は企業情報システムに必要な、アプリケーションおよびネットワークやロードバランシング、クラウドインフラに対する制御を含むシステムのデプロイメント、オーケストレーション、構成管理を容易に処理することができる機能を有しており、アプリケーションライフサイクル全体をより迅速に自動化することができます。

また、管理対象サーバーに特別なエージェントソフトウェアをインストールすることなく利用でき、YAML形式というわかりやすい書式でタスクを定義するため、プログラムの知識がなくとも最小限の手順だけで各種設定、構成、プロセスを自動化できることから、日本国内でも大量の仮想サーバー環境を持つ大手金融機関や大規模製造業を中心に、多くの企業で導入が進んでいます。

OSSよろず Ansible Supportでは、Ansibleを活用する際の、障害時支援、Bug情報提供、PlayBook実行時Q&A、OSとの切り分けを行うサポートサービスを提供します。

契約形態 インシデント契約
サポート形態 直接サポート|バックエンドサポート
サービス種別 障害時支援、Bug情報提供、PlayBook実行時Q&A、OSとの切り分け
サポートOSS Ansible(コミュニティ版)

ご提供価格

製品型番 製品名 価格(税抜)
OSS20061 OSS よろず Ansible Support (1インシデント) 90,000円
OSS60061 OSS よろず Ansible Support (1インシデント) 更新 90,000円

※ 最小購入単位は5インシデントからとなります。

大規模環境での利用には Ansible Tower by Red Hat を

「Ansible Tower by Red Hat」は、強力な自動化機能によって、IT環境の複雑さを軽減し、生産性を向上させ、ダウンタイムを短縮するのに役立ちます。「Ansible Tower by Red Hat」は、Ansibleオープンソース自動化プロジェクトを内部的に使用しており、制御、委任、セキュリティ機能を追加しながらチームがより効果的にシステムを管理し、マルチティアへのデプロイメントの最適化を支援します。

PAGE TOP