LINBITクラスタスタック・サポート SDS(Software Defined Storage)
製品概要

当社が提供するHAソリューションについて動画で学ぼう!Webセミナー(無料)視聴のご登録はこちらから

LINBITクラスタスタック・サポート SDS(Software Defined Storage)製品概要

LINBITクラスタスタック・サポートSDSは、【DRBD】の進化形で、【DRBD9】の大きな特徴でもあります。
従来は1:1の形態だったものが、1:nの形が可能になり、さらに、ブロックデバイスという特徴を持っている【DRBD】は進化を遂げOprnstackやKubernetesなどに対し、分散ブロックストレージを提供する形態に発展していきました。
さらに、従来のノード(=Control Node)のみならず、SateliteNodeを加えることにより、拡張性をさらに広げ、それらを管理するツールとして2018年に「LINSTOR」が登場し、より一層通信・動作環境が安定しました。
特にAI分野等でコンテナストレージのオーケストレーションツールとしてKubernetesが注目されておりますが、Cephに代わる分散ブロックストレージとして、Cephよりも高速なブロックストレージとして注目されつつあります。
※「LINSTOR」のサポートは下記「SDSサブスクリプション」契約が必要です。

LINBITクラスタスタック・サポートSDS 基本機能 (製品:「SDSサブスクリプション」)

LINBITクラスタスタック・サポートSDSは、先述どおり【DRBD9】の新機能として、1:nの構成が可能になった為、その特性を生かして、複数のノードのディスク領域を束ねて、一つの大きなディスク領域と定義して、その空間内にディスクボリュームを自由に作成できるようになりました。また、システム運用中に、ノードの増減も可能となり、システムが拡張していったとしても、ノード追加するだけで比較的簡単にスケールアウトが可能になるという特徴を持っております。
その為、仮想環境のストレージプールとして使用されるケースも多く、従来のストレージプールを担っていた、ストレージ製品と比べ、「ベンダーロックフリー」
「汎用サーバ利用可能」「故障時でもシステムを止めることなくサーバ入替で対応可能」という特徴の為、利便性がありながらも大幅なコストダウンが可能となっております。
また、ノード設定管理ツールとして「LINSTOR」が新登場し、ノード間通信の大幅安定化、異なるストレージ(例:HDD、SSDの組みあわせなど)間でのストレージプールの構築化など安定性、利便性が大幅に向上しました。

従来のストレージベンダーが提案するSDS従来のストレージベンダーが提案するSDS
  • 単価が高い、しかしその分充実しすぎる程の機能はある
  • スケールアウトしようとしても、増設 単価が高く、結果柔軟性が犠牲になる。
  • ハードウェア、ソフトウェアとも プロプライエタリで、結果、ベンダーロックインとなる。
  • 最小3~5台からのスタートなど、スモールスタートは切りにくい場合が多い。
    →「オールインワン」で充実した装備、機能を求めるならば選択肢としては良い。しかし、ベンダーロックもかかり、想定以上のコストはかかる。
矢印矢印
DRBD SDSDRBD SDS
  • 汎用のサーバ、ストレージで対応可能。
     →SANと比べ、コスト大幅ダウン
  • オープンソースソフトウェアでの構成
     →大幅なコストカットが可能。
  • ベンダーフリーでベンダーロックインの 心配・懸念が不要
  • システム稼働中でもノード入替や設定が可能。
     →利便性も向上
  • iSCSIも使用可能なため、VMware上でも使用可能
     →ある程度の知識があれば、コストを大幅にカットしながら、SDSによる分散ストレージシステムの構築が可能。
  • 最小2台の汎用IAサーバからのスタートが可能。
     →最小限のコストからスタートが可能。

分散ブロックストレージとしての「Ceph」との比較

日本国内で分散ブロックストレージとしては、圧倒的に「Ceph」が有名です。「Ceph」は元来より大型エンタープライズ環境を意識して開発されたソフトウェアで、RAID5,6に近い動きをすることや、RADOSやCRASHによって分散管理・高速計算される仕組みを持っている為、数百以上のストレージを想定すると力を発揮致します。
対して【DRBD】は、単純なRAID1の動き方をすることや、元来Cephよりも高速であることなどから、数十台程度の中規模~小規模になると力を発揮致します。
特に「プライベートクラウド」や「Kubernetesによって冗長化・オーケストレーション化されたコンテナ環境」の用途であれば【DRBD】は選択肢として十分な要素を持っています。

グラフ画像グラフ画像
  • シーケンシャルの書込み(4K/IOPs)
    →最大速度ではおよそCephの20倍の速さで書込み可能。
    →CPU負荷が軽いことや高速ブロックデバイスの強みが生きている。
  • 読込(リード)
    →条件によってはローカルディスクよりも高速に読込
    →DRBDの機能のリードバランシングにより、2台のデータを同時に読込をする為。
  • 10数台程度の中規模~小規模クラスタであれば、RAID1の単純ミラーリングでの書き込み構造である【DRBD】が優位。 逆に、数十台以上のエンタープライズ環境であれば、RAID5や6のような構造を持ち +RADOSやCRASHのアルゴリズムからCephが断然力を発揮すると思われる。

  • ※こちらの実験資料は「資料ダウンロード」内にあります。
    ※本結果は当社教協での検証結果であり、性能を保証するものではございません。

LINBITクラスタスタック・サポートSDS For Openstack/For Kubernetes(k8s)

【DRBD】はOpenstackのCinderドライバやKubernetesに対して、永続的ブロックストレージを提供します。
特に「Openstack」では、ハイパーコンバージド構成が可能であったり、Kubernetesに関しても、Cephが通常想定利用されるエンタープライズ環境よりも小規模のストレージ台数での運用が見込まれるなど、【DRBD】の活躍シーンはますます広がる見込みを見せております。

ハイパーコンバージド構成ハイパーコンバージド構成
ブロックストレージを提供ブロックストレージを提供

LINBITクラスタスタック・サポートSDS 評価版について

弊社では、30日無償でご使用いただけるLINBITクラスタスタック・サポートの評価版ライセンスキーを提供しております。
30日間限定ですが、LINBIT認定バイナリを使用した検証をご希望の方は、下記よりご連絡ください。(LINBIT認定バイナリは試用版有効期限、もしくはLINBITクラスタスタック・サポートご契約期間のみで使用可能です。期間満了後はご使用いただけませんので、アンインストール等の処置をお願いいたします。なお、評価版→本番移行される場合は、同一のURLハッシュをご利用可能です。)

PAGE TOP