ログ解析ツール Matomo-サイオステクノロジー

supported by
サイオステクノロジー株式会社

HOME > Matomoとは > GAとの比較

Google Analytics(タグ(ビーコン)型解析)との相違点

Matomoならできます。

皆様が気になるGoogleAnalytics(以下GA)との相違点やGAを使うことの懸念点をまとめ、Matomoでできることをリストアップしました。

機能/仕様 Matomo GA
ソフトウェア利用料 無料 無料
解析形態 ログ型/タグ型 タグ型
提供形態(導入タイプ) インストール(オンプレミス型)
SaaSも可能
SaaSのみ
ソフトウェアのソースコード開示 ○(GPLライセンス) ×
過去のアクセスログの解析 ×
ページビュー制限 無制限 あり(1000万PV/月まで)
解析データ保管期間 無制限 保証なし
  • PDFの直接ダウンロード件数が集計できます。

    GAではPDFファイルの直接ダウンロード件数が集計できませんが、ログ型解析のMatomoでは集計可能です。 GAの解析結果とMatomoのログ型解析結果とでは、異なる結果になります。

  • 検索エンジンクローラーのアクセス集計ができます。

    GAではGoogle/Bing等検索エンジンのクローラーアクセスを集計できませんが、ログ型解析のMatomoでは集計可能です。 GAの解析結果とMatomoのログ型解析結果とでは、異なる結果になります。

  • エラーアクセス、不正アクセスの集計ができます。

    GAではエラーアクセス/不正アクセスに対する集計ができませんが、ログ型解析のMatomoでは集計可能です。 GAの解析結果とMatomoのログ型解析結果とでは、異なる結果になります。

  • Matomoはログが残っている限り永遠に解析が可能です。

    GAでは解析データの保有期間の保障がありませんが、Matomoのログ型解析を利用すれば、Webサーバのログが残っている限り、いつまででも解析をすることが可能です。 また、過去のログを利用しMatomo導入以前のアクセス解析をすることも可能です。

Google Analytics(タグ(ビーコン)型解析)での懸念点

Matomoなら安心です。

皆様が気になるGoogle Analytics(以下GA)との相違点やGAを使うことの懸念点をまとめ、Matomoでできることをリストアップしました。

  • GAは、集計結果の一部をGoogleに利用されてしまう。

    GAは、集計結果をビッグデータの一部としてGoogleに利用されています。 しかし、Matomoは御社管理下の環境での運用となり、大切なアクセスデータが外部に漏れるリスクは最小限となります。

  • GAは、操作方法が突然変わってしまう。

    GAは、Googleの方針でユーザーの希望と関係なく操作方法が突然変わることがあります。 しかし、Matomoはサーバインストール型のためバージョンアップのタイミングを任意に設定できるので、変更点等につき時間を掛けての対応が可能です。

  • GAは、方針変更で全てのタグの貼替えが必要になることがある。

    ログ型解析のMatomoの場合、コンテンツの変更は必要ありません。 また、タグ型解析のMatomoをご利用の場合でも任意のタイミングでタグを書き換えていただく事で新機能に対応可能です。(例:Google AnalyticsからUniversal Analyticsへの移行の際にタグの貼替えが発生。特にカスタマイズされたタグを使用している場合に大きな手間となったケースもありました。)

  • GAのオフィシャルサポート(Google Analytics Premium)は、約100万円以上/月のみ。

    Matomoはコードが公開されているため、コードレベルでのサポートが可能です。 弊社はアクセス解析ツールを扱って15年以上のスタッフがMatomoフォーラム、日本Piwikユーザー会を通じて開発チームと随時コンタクトを取り万全のサポート体制を整えております。

  • GAは、カスタマイズできない。

    Matomoはオープンソースのため、カスタマイズが容易です。運用の自動化、プラグインの開発等、随時お客様のニーズに合わせた機能の開発が可能です。

ログ解析のお悩み、ご相談ください。

サイオステクノロジーは、オープンソースログ解析ツールMatomoのサポートサービスを提供しています。まずはお気軽にご相談くださいませ。