現在位置: ホーム / LifeKeeper for Linux v8.3.2インストレーションガイド

LifeKeeper for Linux v8.3.2インストレーションガイド

本ドキュメントは、共有iSCSIストレージにマルチパス構成のHP StoreVirtual 4730 Storageを使用したHP ProLiantサーバーにRed Hat Enterprise Linux 6.5とLifeKeeper for Linux v8.3.2をインストールするためのガイドです。

 

【ご注意】当資料が対象とするバージョン以外のOS、Device Mapper Multipath、LifeKeeper等をご使用の場合は、インストールや設定の手順が異なる場合があります。その場合は、ご使用のバージョンのマニュアルやRelease Notes等に記載された手順に従ってください。

1.環境

実際に使用した環境は、以下になります。

H/W環境

  • サーバー:HP ProLiant BL460c Gen9
  • CPU:Xeon E5-2620 v3 2.40GHz
  • メモリ:64GB
  • RAIDコントローラ:SmartアレイP244br/1GB FBWCコントローラ
  • iSCSI用ネットワークアダプタ:HP FlexFabric 10Gb 2ポート 536FLBアダプタ
  • ストレージシステム:
  • HP StoreVirtual 4730 900GB SAS Storage(HP LeftHand OS 11.5) × 3台


S/W環境

  • O/S:Red Hat Enterprise Linux 6.5 kernel-2.6.32-431.el6.x86_64
  • クラスターソフトウェア:LifeKeeper for Linux v8.3.2
  • iSCSIイニシエーター:iscsi-initiator-utils-6.2.0.873-10.el6.x86_64
  • iSCSI用ネットワークドライバ:bnx2x v1.710.40


なお、今回は2台のサーバーでクラスターを構成しましたが、各ノードとも、環境は同一です。以下、2台のノードをノード1、ノード2とします。

2.設定手順

実際の手順の流れは以下になります。

  1. ノード1とノード2にRed Hat Enterprise Linux 6.5をインストール
  2. StoreVirtual 4730 Storageの設定
  3. SPP(Service Pack for ProLiant)の適用
  4. ノード1でDevice Mapper Multipathのインストール・設定
  5. ノード1でiSCSIイニシエーターのインストール・設定
  6. ノード2でDevice Mapper Multipathのインストール・設定
  7. ノード2でiSCSIイニシエーターのインストール・設定
  8. ネットワークの確立
  9. /etc/fstabファイルの編集
  10. LifeKeeperソフトウェアのインストール
  11. License Keyのインストール
  12. LifeKeeperの起動
  13. LifeKeeper GUIの起動
  14. クラスター設定、Volume(StoreVirtual 4730 Storage)リソース設定

 

詳細は下記のPDFを参照ください。

PDFアイコンLifeKeeper for Linux v8.3.2インストレーションガイド
Red Hat Enterprise Linux 6.5 + HP StoreVirtual 4730 Storage マルチパス編
Device Mapper Multipathによるマルチパス

お問い合わせはこちらから