HCI環境の方はこちら

HCI環境の方はこちら

VMware環境の方はこちら

VMware環境の方はこちら
仮想/HCI関連の資料ダウンロードはこちらから

仮想環境上でミッションクリティカルなIT基盤を構築するには

サーバー環境の仮想化は急速に進行している中、ビジネスの根幹を支えるミッションクリティカルなアプリケーションがダウンしビジネスへのインパクトが生じた場合、「仮想環境だから」という言い訳は一切通用しません。
堅牢なる仮想IT環境を構築するにはどのようなポイントを理解し、意識していかなければならないのでしょうか?何か見逃しているポイントは無いでしょうか?

サイオステクノロジーのLifeKeeperをVMware vSphereやHCIと組み合わせることによって、様々なシステムの障害パターンからの迅速な回復が実現され、ミッションクリティカルなシステムを安心して仮想環境上で構築することが可能となります。

詳しく読む

抜けの無い高可用性を実現する為に検討すべきポイント
抜けの無い高可用性を実現する為に検討すべきポイント

HCI環境の場合

ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)環境での障害対策は万全ですか?
LifeKeeperとの連携で高可用性を実現

次世代の仮想化インフラとして注目を集め、近年市場が急速に拡大しているハイパーコンバージドインフラストラクチャ(Hyper Converged Infrastructure:HCI)ですが、システム障害への対策が「漏れなく」「迅速に」そして「適切に」行えていますでしょうか。
『Nutanix』や『HPE SimpliVity』など、各HCI環境で可用性を高めるためのLifeKeeperとの連携概要を検証レポート等を交えてご紹介します。

「 各HCI環境で可用性を高める方法」はこちら

VMware環境の場合

「VMware vSphere」のカバー範囲をご存知ですか?
アプリケーション含めた総合的な障害対策が必要です

ハードウェアの追加導入や維持費のコスト削減、運用管理の負荷低減を目的に仮想マシン(VM)の運用を進めている企業は少なくありません。その多くの企業が、サーバーの仮想化にあたり「VMware vSphere」のHA(高可用性)システムを採用しているのではないでしょうか。しかし、多岐にわたるシステム障害の検知に関して、必ずしも万全とは言えません。
さまざまな障害を検知し、真の高可用性を実現するには、仮想環境でもHAクラスターが必要です。

サイオステクノロジーのLifeKeeperをVMware vSphereと組み合わせることによって、様々なシステムの障害パターンからの迅速な回復が実現され、ミッションクリティカルなシステムを安心して仮想基盤で利用頂く事が可能となります。

仮想環境の導入前に検討すべきこととは?

購入前のお問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください