資料ダウンロード

SANLess Clustersは、Windows Server Failover Clustering(WSFC)とDataKeeper for Windows Cluster Edition(DKCE)を連携させることで共有ストレージ(SAN)なしでHAクラスターを構成します。ここでは、WSFCとDKCEの連携操作ビデオやSQL ServerのHAクラスター構築ガイドなど、お役に立つ資料を掲載しております。

WSFCとDKCEの連携操作手順のご紹介

サイオスのDataKeeper Cluster Edition (DKCE)は、Windows Server Failover Clustering (WSFC)と連携することで、SQL Serverの高可用性を実現できます。その設定・操作方法を簡単にご紹介しています。

Windows Server Failover Clustering (WSFC)とDataKeeper Cluster Edition (DKCE)との連携操作

各種設定手順書・ホワイトペーパー公開中

日本ヒューレット・パッカード株式会社タイアップホワイトペーパー
『SQL Server環境の高可用性と高速化を低コストで実現するソリューション』

SQL Server環境の高可用性と高速化を低コストで実現するソリューション

本格的なエンタープライズDBとして多くの企業に普及してきたMicrosoft SQL Serverですが、大容量データへのアクセスが増え続ける今日、性能問題が顕在化しています。フラッシュストレージを搭載したサーバーへの移行と、弊社SANLess クラスターソリューションを組み合わせれば、高価な共有ストレージを導入せずに高可用性クラスタを組むことができます。
DB処理の高速化と、可用性の向上を低コストで両立させることができるソリューションとして、日本ヒューレット・パッカード株式会社との連携で実現した検証済み環境とその優位性をご紹介します。

Microsoft SQL Server 2014 フェールオーバークラスターを#Azureリソースマネージャー(ARM)でデプロイ

本手順書は、Microsoft Azureの「クラシックデプロイモデル」環境でWindows Server Failover Cluster (WSFC) + DataKeeper Cluster Edition (DKCE) を使って、 Azure上でSQL Serverの冗長化を行う手順を詳細に解説した手順書の「リソースマネージャーデプロイモデル」版です。共有ストレージを用いずにクラスター環境が実現できる「サイオスのSANLess Clusters」環境が手順書通りに実施するだけで簡単に構築することができます。

Microsoft SQL Server 2014 フェールオーバークラスターを#Azureリソースマネージャー(ARM)でデプロイ
  • 仮想ネットワーク上にAzure VMとストレージを作成
  • クラスターを作成しDataKeeperをインストール
  • SQL Serverをクラスタにインストール
  • 内部ロードバランサの作成
  • SQL ServerのIPリソースの修正

なお、クラシックデプロイモデル(旧版)もダウンロード可能です。

製品・サービスに関するお問合せはこちら

LifeKeeper/DataKeeper製品・サービス