商用データベースをご利用中の方へ
DBマイグレーションで
可用性を落とさず
コスト削減する方法

「DBマイグレーションで可用性を落とさず
コスト削減する方法」
資料ダウンロードはこちら

商用データベースユーザーが
抱える3つの課題

課題1
年々積みあがるサポート費用

毎年数%ライセンス費用の値上げが実施されている

年々積みあがるサポート費用
年々積みあがるサポート費用

課題2
ライセンスの統廃合

・安価なSE One / SEライセンス廃止、SE2もしくはEEへ移行

・SE RACユーザの今後の行き先の選定に苦悩

ライセンスの統廃合
ライセンスの統廃合

課題3
時代に合わないライセンス体系

・VMWareやHyper-V仮想化環境では総物理コア分のライセンスが必要

・AWSで利用する際、最大でライセンス費用が2倍になるケースも...

時代に合わないライセンス体系
時代に合わないライセンス体系
  • 上記のようにVMWare基盤上に構築する場合、2物理CPU分だけでよいように思われるが、VMWare、Hyper-Vなどの場合は、
  • ・物理サーバーの全プロセッサがライセンスカウントの対象
  • ・物理サーバー間で仮想マシンが移動可能な場合には、移動元/移動先の両方にライセンスが必要となる(オレンジ枠分必要)

商用データベースユーザーが抱える3つの課題 商用データベースユーザーが抱える3つの課題

課題に対する
サイオステクノロジーからのご提案

EDB Postgresへの移行を
ご提案します。
思い切って移行してみませんか?

EDBを使うことで
こんなメリットがあります!

  • ライセンス体系が明瞭で高コストパフォーマンスを発揮!
  • Oracleとの高い互換性!マイグレーションツールや充実したマイグレーションポータルで乗り換えを支援
  • コストを抑えつつ、可用性を高めることが可能!

さらに・・・

【Oracle RACに関する課題と解決策】
こんな課題に直面していませんか?

Oracle RACに関する課題と解決策
  • Oracle Database SE2(Standard Edition2)の登場により、Oracle RACを使用する際の制限が強化されてしまい、可用性の確保に悩んでいる。
  • Oracle Database 19c では SE2(Standard Edition2) RACがサポートされない。今後の対応に困っている。

Oracle SE2 RACユーザー
が抱える課題と、
その解決策をご紹介しています。

購入前のお問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください
PAGE TOP