導入実績

放送局向けWebサービス「DirectorsGear」

放送局向けWebサービス「DirectorsGear」のサービス基盤を支える「NGINX Plus」
高価なロードバランサーアプライアンス機器からの置き換えにより、導入コストを削減

番組制作・編成システムへの楽曲情報の入力、権利管理団体への報告などの管理業務は、各放送局にとって重い負担となっていた。
この作業を省力化するB2BのWebサービスとして、業界内で圧倒的なシェアを誇っているのが「DirectorsGear」である。同サービスを運営しているサイオステクノロジー株式会社(以下、サイオス)は、クラウドへの移行の際に、移行先での新たなロードバランシングの仕組みとして「NGINX Plus」を導入した。

導入目的
AWSへのロードバランサー機能の搭載
効果
パフォーマンスの向上と、キャッシュ機能による応答速度の向上

システム構成

  • Amazon Web Services
  • NGINX Plus

放送業界トップシェアの楽曲情報管理サービス「DirectorsGear」の事業運営をサイオスが担う

テレビやFM/AMラジオなどの放送では、毎日大量の楽曲が流されている。この背後で放送局では、番組制作・編成システムへの楽曲情報の入力、権利管理団体への報告など、煩雑な作業に追われていた。こうした楽曲管理の負荷を軽減すべく開発されたのが、民間放送局とレコード会社、さらには権利管理団体をつなぐB2BのWebサービス「DirectorsGear(ディレクターズギア)」だ。
音楽制作者側にとっても、プロモーション用の新譜情報を番組関係者にスピーディに届けることが可能となり、ステークホルダーにとってのメリットが非常に大きいことから、DirectorsGearは急速に普及してきた。日本国内にBS/CS放送やコミュニティ放送を除いたいわゆる「県域放送」は200局以上あり、現在そのうちの半数近くの放送局が利用する業界トップシェアのサービスに成長している。
このDirectorsGearが大きな節目を迎えたのが2013年11月のこと。サイオス DirectorsGear事業企画部の部長を務める真下誠一は、「もともとの運用母体からサイオスへの事業譲渡が決定し、それに伴いシステム全般を弊社側に早急に移設する必要が生じました」と語る。

真下 誠一 氏
真下 誠一
サイオステクノロジー株式会社
DirectorsGear事業
企画部 部長

Service Information

DirectorsGear

放送局向けWebサービス「DirectorsGear」

サイオステクノロジー株式会社が運営する放送局向けWebサービス。番組制作・編成システムへの楽曲情報の入力、権利管理団体への報告など、放送局の楽曲管理業務を支援する。200局以上ある「県域放送」のうち半数近くが利用し業界トップシェアを誇っている。

パフォーマンスの鍵を握るロードバランサー 3つ目の選択肢として登場したNGINX Plus

DirectorsGearでは先に述べた楽曲情報のほか音源なども扱っており、総データ容量は数テラバイトに達していた。加えて、100局近い放送局に対して高度なサービスレベルとパフォーマンスを提供するため、多くのコンピューティングリソースを投入しており、30台を超えるサーバーで構成される大規模なシステムに拡大していた。
サイオスが同Webサービスの移設先として選んだのがAWS(Amazon Web Services)である。技術部のマネージャーを務める小野剛は、「サイオスは、どのクラウドに対しても中立の立場ですが、今後のサービス展開、拡張を見据え、新しいサービスが次々に投入されていたAWSを採用するのがベストと判断しました」と、その理由を語る。
こうしてDirectorsGearの移設プロジェクトは2014年6月にスタート。サイオスは、移設対象サーバーの絞り込み・集約(サーバー台数を3割削減)、移設対象データの洗い出し、業務影響の調査などの準備を行った上で、AWS上に新環境を構築。同年9月にサービスの切り替えを実施し、新環境でのサービス提供を開始した。
そして、このプロジェクト全体を通じてサイオスが注力してきたのが、ユーザーに対するパフォーマンスの維持・向上である。そこでの重要な鍵を握る技術要素のひとつが、ロードバランサー(負荷分散装置)だ。
当初、サイオスにはこれに対して2つの選択肢があった。旧環境に用いられていたロードバンランサーのバーチャルアプライアンス版をAWSに導入する方法、AWSがEC2向けに提供しているロードバランサー「ELB(Elastic Load Balancing)」機能を利用する方法の2つである。しかし、このどちらにも問題があった。サイオス OSSテクノロジーセンター 技術部のエンジニアである原和久は、このように語る。
「従来のDirectorsGearで使われてきたロードバランサー製品は非常に高価であることに加え、コネクション数に基づいた課金モデルを採用しており、私たちのパフォーマンスチューニングの成果をサービス品質やコストに反映させづらい難点がありました。一方、現在のELB機能では、『常に固定IPでDirectorsGearと接続したい』という一部のお客様の要望にお応えすることができませんでした」
こうしたジレンマを抱えていた中に3つ目の選択肢として登場したのが、サイオスが2014年6月より取り扱いを開始した「NGINX Plus」である。
「NGINX PlusはOSS(オープンソースソフトウェア)ベースのWebサーバーとして広く使われてきた『Nginx』のエンタープライズ向け製品としてとしてロードバランサー機能を拡張したもので、私たちは日本における代理店として、NGINX Plusの技術に精通していました。また、サーバーの状態をリアルタイムにモニタリングし、キャッシュサーバーとしても使えるといったメリットがあり、NGINX Plusを活用することを決定しました」と原は語る。

小野 剛 氏
小野 剛
サイオステクノロジー株式会社
技術部 マネージャー
原 和久 氏
原 和久
サイオステクノロジー株式会社
OSSテクノロジーセンター
技術部 エンジニア

サービスのパフォーマンス向上でユーザーの満足度を向上

NGINX Plusは狙いどおりの成果を上げ、ユーザーからも「DirectorsGearのパフォーマンスは今まで以上に良くなった」という声が寄せられている。パフォーマンスの向上は、NGINX自体の性能に加え、キャッシュ機能により応答速度(レスポンスタイム)が向上したことによるものだ。
「これまでのロードバランサーは、どちらかといえばネットワークエンジニアの専門領域にある技術でした。これに対してNGINX Plusは、ミドルウェアやWebアプリケーションの観点から、柔軟な設定変更やカスタマイズを行うことができます。私たちのようなインフラエンジニアにとって非常に使い勝手の良い製品であり、そのメリットをお客様に対するサービス品質の向上に役立てることができました」と原は言う。
続けて小野も、「仮に他の方法でロードバランシングを実装していたとしたら、お客様側のシステムに改修や設定変更をお願いせざるを得なかった可能性もあります。その意味でもNGINX Plusは、DirectorsGearのクラウド移設に伴うお客様側の作業負担の最小化、移行スケジュールの短縮などに貢献しています」と評価する。
さらに真下は、「DirectorsGearは、サイオスのオープンソリューションや技術力を最大限に活かし、よりお客様満足度の高いサービスを目指します」と今後を見据える。
NGINX Plusを採用することで、DirectorsGearのサービスデリバリの最適化と安定稼働を実現したサイオスは、DirectorsGearのさらなるブラッシュアップを推進。多様なユーザーの要求に応えていく考えだ。

ページトップへ戻る

NGINX Plusトップページへ戻る