導入実績

米国導入事例:ディスカバリーエデュケーション様

NGINXソリューションで最適なデジタル体験を届ける

ディスカバリー・エデュケーション

状況

ディスカバリー・エデュケーションでは、ハードウェアベースのロードバランサーのアップデートに高い費用を支払う必要があるとわかったことが、代替手段を調査するきっかけとなった。加えて、同社の国内顧客ベースが成長し、国際的なマーケットに展開したことで、容量を超えてしまいそうなサイトのトラフィックを必要に応じて迅速に管理するためのソリューションを見つけることが必用不可欠となった。

ディスカバリー・エデュケーションは、かなりのコストがかかり導入期間が長い現状のハードウェアベースのロードバランサーをとるか、同社の事業ニーズにより適合する代替手段に投資するかの選択に迫られていた。ディスカバリー・エデュケーションが、NGINX Plusのような事前学習式でソフトウェアベースの製品が同社のユーザーの期待を上回りながら高速なウェブ体験を大規模に実現するという同社のニーズを満たすことができると知ったのはこの時だった。

こうして、増大する負荷とグローバルな拠点を管理するという最初の課題を解決したディスカバリー・エデュケーションが次に気付いたのは、顧客向けの映像ストリーミング用のインフラを刷新する必要もあるということだった。同社は、事業の成長にしたがって、トラフィックの増大に対応して規模を拡大し、さまざまなデバイスにコンテンツを届けるためのツールが必要となり、映像配信の要求事項に特化して設計されたNGINX Media Serverに注目した。

ソリューション

ディスカバリー・エデュケーションがまず頼ったのは、Nginxの商用製品であるNGINX Plusだった。この製品の利点としては、適切な試験環境、均等に分散し平準化されたトラフィック、さらにはNginxチームによる年中無休・即時対応のサポート等が挙げられる。このサポートには、中心的な開発者へのアクセスが含まれている。同社は2ヶ所のデータセンターにおけるハードウェアによるロードバランサーを更新するために、NGINX Plusの複数のインスタンスを構築した。そこでは、NGINX PlusのSSLターミネーション、負荷分散、実行中のコンテンツ圧縮機能、さらにはこの技術による、他のベンダー以上にシンプルなHTTP操作を活用した。

こうしてまず負荷分散に対するNGINX Plus導入が成功した後に、ディスカバリー・エデュケーションは、老朽化したストリーミング・メディア向けウェブ・インフラの刷新についてもNginxを採用した。同社は、成長する顧客ベースに対して、大規模に、すべてのデバイスに対して映像コンテンツをシームレスにストリーミングすることを可能とするNGINX Media Serverを導入した。

導入効果

安定性と柔軟性が向上

NGINX Plusによって、ディスカバリー・エデュケーションは、トラフィックを分散、管理、平準化することができるようになり、結果としてトラフィック量の増大中でもより安定したウェブサイトのパフォーマンスを得ている。同社の上級システムエンジニアであるマット・ブラーハ氏は、次のように語る。「当社ではトラフィックの急激な上昇を平準化するために速度制限を頻繁に利用しますが、このことで顧客に影響が及ぶ可能性があります。現在はNGINX Plusを利用しているのでこの問題も軽減されています。当社がNGINX Plus導入の拡大を計画しているのは、ユーザーから期待されるようになった優れたウェブ体験を提供可能だからです。」

さらに同社では、NGINX Plusによって障害を迅速かつ確実に修復することができる。ブラーハ氏は語る。「以前なら、障害が発生した場合にはハードウェアの交換品を待ちながら別の障害が発生するまでに到着することを願わねばなりませんでした。今ではNGINXを利用しているので、より柔軟性があります。ハードウェアへの依存がかなり減っているので、あるマシンが故障した際に迅速かつシームレスに交換することができます。」

コストパフォーマンス

多くの開発チームにとって、ロードバランサーとは、実世界のシナリオをシミュレートするために品質管理やステージングといった非製造環境で導入される。ディスカバリー・エデュケーションがハードウェアに依存していた頃は、異なる環境毎にハードウェアの負荷分散製品を準備または購入する必要があった。今ではNGINX Plusがその何分の1かの費用でより優れた機能を提供している。ソフトウェアベースのロードバランサーであるNGINX Plusは、豊富な機能を備え、ありふれたハードウェア上で稼働させることができる。

ブラーハ氏は次のように語った。「使用中のロードバランサー供給業者から高額な費用でアップグレードしなければならなかったので、代替手段を探しました。そして、NGINX Plusによってせいぜい4分の1の費用でより多くのことができることがわかりました。」

シームレスに統合

NGINX Plusへの移行はスムーズで、計画通りに進んだ。ディスカバリー・エデュケーションは、Puppetベースのワークフロー等の多数のオープン・ソース・コンポーネントやツール・セットを含む最新のインフラを保有している。Nginxは同社のウェブ・エコシステムのすべてのコンポーネントとプロセスをサポートすることができる。「NGINX Plusを選んだ主な理由の1つは、当社のシステムとの適合性でした。NGINX Plusは当社におけるPuppetベースのワークフローに簡単に適合しました。NGINX Plusは当社のオープン・ソース・システムと一体化して、当社インフラをより柔軟で開発プロセスと直結したものとしました」と、ブラーハ氏は付け加えた。

NGINX Plusがうまく機能したことで、ディスカバリー・エデュケーションはNginxとの連携の範囲を拡大した。ディスカバリー・エデュケーションのシステム・開発運用担当役員のラミン・スーリャ氏は語る。「ディスカバリー・エデュケーションのオープン・ソース・エンジニアらは、できる限りNGINX Plusの機能を利用する方向で計画を立ててきました。オンライン・テキストにおける映像は当社事業の中心であり、顧客にとって最も大切なものです。したがって、当社の映像ストリーミングもNGINX Plusへと切替える前に、サイトの移行がスムーズに運ぶことを確かめたいと考えていました。そしてNGINX Plusによる負荷分散が安定性と一貫性をもたらすことを確認できたので、当社の映像ストリーミングの99.9%に対してNGINX Plusの特化したバージョンを利用するなど、さらに多くのことをNGINX Plusで実現したいと考えています。」

24時間体制のサポート

技術製品を業者から購入して利用する会社では常に、製品を正しく設定して導入することの容易性が問題となる。Nginxのサポート・チームは、ディスカバリー・エデュケーションに対して最初から実地で、素早く対応した。Nginxのサポート・チームは年中無休で稼働しているだけでなく、課題に対して深い洞察と明確な分析を提供してくれる中心的開発者にアクセスすることも可能である。たとえば、ディスカバリー・エデュケーションは映像コンテンツを届けるのにも堅固なメディア・サーバー機能を有するNGINX Plusを利用したいと考えたが、Nginxのサポート・チームがこの切替を容易にした。

スーリャ氏は語る。「ビジネスの面では、中心的開発チームへのアクセスは、問題発生時に誰が担当するのかという恐れを和らげることに役立ちました。Nginxのサポート・チームは非常に知識が豊富であり、素早い対応で当社のエンジニアリング・チームを助けてくれました。」

国際的な展開が続くにつれて、Nginxのサポート・チームはディスカバリー・エデュケーションが最高品質の体験を世界中に提供するための支援を行うことになる。

まとめ

ディスカバリー・エデュケーションの経営陣は、同社の成長する顧客ベースにより生じるトラフィックを高速で処理し、その事業の複合的技術レイヤをサポートするという点においてNGINX Plus以上の選択肢は市場にはないと認識している。NGINX PlusおよびNGINX Media Serverにシームレスに移行することでディスカバリー・エデュケーションは信頼性、規模、計画性を手にし、その結果として間接費が削減され、ウェブのパフォーマンスとユーザー体験が増強されている。

[原文] Discovery Education Selects NGINX
http://nginx.com/blog/discovery-education-selects-nginx/

ページトップへ戻る

NGINX Plusトップページへ戻る