連携ソリューション LifeKeeper/DataKeeper 連携ソリューション一覧

連携ソリューション一覧

IBM

製品名
DB2 10 for Linux,UNIX and Windows
社名
日本アイ・ビー・エム株式会社
問い合わせ先
IBMビジネスパートナー、
製品販売店、IBM営業担当員または
下記IBM Business Shopまで。
ソリューション概要

DB2 は、大量のワークロードを処理する堅牢なエンタープライズ・ソリューション向けに最適なデータベースです。ビッグデータ時代に革新をもたらす先進テクノロジーの採用により、業界トップレベルのパフォーマンスと大幅なコストの削減を同時に実現します。

連携概要

■DB2 + LifeKeeper

HAクラスターソフトウェアLifeKeeperと連携することにより、高可用性をそなえたデータベースをお客様にご提供します。LifeKeeperを使って、DB2を冗長化するには、DB2 ARKをご使用いただくことになります。
これは、DB2データベース・インスタンスの障害回復機能を提供するもので、DB2ファミリー製品(Enterprise Server Editon, Workgroup Server Edition, Express Editionなど)とともに使用して、長時間のシステム停止や人手の介入なしにデータベース・サーバーの障害を効果的に回復することによって、DB2運用環境の可用性を高めます。
ユーザーは、LifeKeeperクラスタ内の各マシンにDB2管理サーバーを定義することも可能で、DB2管理サーバーを定義すると、LifeKeeperは、DB2階層作成操作とDB2階層回復操作の機能として、DB2管理サーバーの起動を試みます。

DB2 シングル・パーティションのアクティブ/スタンバイ構成

【DB2 シングル・パーティションのアクティブ/スタンバイ構成】

DB2インスタンスはサーバ1で保護されています。
障害発生時には、サーバ2がDB2リソースを引き継ぎます。

■DB2 Windows + HADR + LifeKeeper

DB2 High Availability Disaster Recovery(HADR)は、DB2システムの障害発生時に自動的にシステムを切り替える機能を提供するものです。DB2 WindowsでこのHADR機能を使用する場合にも、LifeKeeperを使用すれば簡単にしかも安くHAクラスターシステムを構築することが可能です。

※Generic ARKが必要となります。

ページトップへ戻る

LifeKeeper/DataKeeper トップページへ戻る