DataKeeper製品詳細 データレプリケーションソフトウェア

DataKeeperの基本機能と特徴・連携機能・動作環境

DataKeeper for Windows は、データレプリケーションにより、常時、重要なデータの複製を行うソフトウェアです。ここでは、DataKeeperの基本機能と特徴のほか、連携機能や動作環境などをご紹介します。

データレプリケーション

DataKeeper for Windows Standard Edition は、データの複製をリアルタイムで行い、障害直前までのデータ保護や、ストレージ機能のミラーリングをソフトウェアで安価に実現します。

ローカル接続構成

DataKeeperは同期モードと非同期モードの二つの同期方式が利用でき、メインサーバー(稼働系)とバックアップサーバー(待機系)のローカルストレージを常時、ブロックレベルで同期します。

DataKeeperは、柔軟なレプリケーション構成を組むことが可能です。

1対N構成

1対N構成

1つのデータ複製元に対して、複数の複製先を設ける事ができる構成。

N対1構成

N対1構成

複数のデータ複製元に対して、複製先を集約するように構成することができる構成。

ページトップへ戻る

遠隔地へのレプリケーション

DataKeeper for Windows Standard Editionは、リアルタイムミラーリングをWAN越しでも行えるアーキテクチャおよび機能を実現しています。

遠隔地構成

遠隔地構成

遠隔地にあるサーバー同士がローカルストレージをネットワーク経由で同期、もしくは非同期モードでレプリケーションすることで、災害時に迅速なシステムの復旧を可能とします。

ページトップへ戻る

Windows Server Failover Clustering(WSFC)との連携

共有ストレージなしでもWSFC機能を利用し、あらゆる環境で高可用性システムの構築を実現

Windows Serverのクラスター機能であるWSFCを使う場合、一般的には外部ストレージを設定する必要があります。
サイオスのDataKeeper for Windows Cluster Editionなら、DataKeeperを仮想的な共有ストレージとして認識させることで、外部ストレージを持たずに、WSFCと連携したHAクラスターシステムを構成することが可能。クラウド環境や、遠隔地同士でのフェイルオーバーにも対応できます。

  • クラウド環境など共有ストレージを構成できないケースがある
  • 共有ストレージが単一障害点となる可能性がある
  • 構築・運用には専門知識を持ったエンジニアが必要
  • ベンダーロックインが課題
  • 共有ストレージ自体が一般的に高価
  • 物理・仮想・クラウド環境への対応が可能
  • ミラーリングによる単一障害点の排除
  • 構築・運用が比較的容易
  • 構成は自由に組み合わせられる
  • ローカルディスクで安価にHAクラスターを構成可

ページトップへ戻る

仮想環境で高可用性を実現

DataKeeperとWSFCで構成する SANLess Clustersは、各種ハイパーバイザー(Microsoft Hyper-V、VMware、など)上で稼働する仮想マシンを使用して、HAクラスターを構成することが可能です。また、RDMによって生じてしまう多くのVMWareへの制約を回避できます。

仮想環境で高可用性を実現

RDM(Raw Device Mapping)により生じることのあるVMWare機能vSphere環境への制約

  • VMware スナップショットが使えない
  • VCBs(Virtual Consolidated Backups)が使えない
  • VMクローニングが使えない
  • 構成によってはvMotion時に仮想マシンを止めなければならない

SANLess Clustersなら、これらの制約が生じる原因となることのあるRDMなしで仮想環境にHAクラスターを構築することが出来ます。

仮想化環境向けソリューションについてはこちら

ページトップへ戻る

クラウド環境で高可用性を実現

ミッションクリティカルなシステムを運用するためには、クラウド上であっても高可用性構成が不可欠です。その際ネックとなるのが、クラウド上ではHAクラスターのクォーラム ディスクで使用する共有ストレージを持つのが難しいことです。サイオス DataKeeperによる「SANLess Clusters」は、Microsoft Azure上で正式に動作認定されている唯一のHAクラスターソリューションであり、汎用的なHAクラスタリング構成を、シンプルかつ低コストで実現することができます。

クラウド環境で高可用性を実現

クラウド環境向けソリューションについてはこちら

ページトップへ戻る

高速フラッシュストレージの活用でデータレプリケーションを高速化

高速フラッシュ技術は、サーバーシステムの高速化を低コストに実現する方法として、急速に普及しつつあります。

高速フラッシュストレージの活用でデータレプリケーションを高速化

DataKeeperは、高速フラッシュ技術を活用したソリューションと連携することで、データのレプリケーション速度の大幅な高速化を実現することが出来ます。

高速フラッシュストレージのソリューションについてはこちら

ページトップへ戻る

DataKeeper動作環境

  DataKeeper Standard Edition / Cluster Edition
サポートハードウェア 下記の「サポートOS」に記載のOSをサポートするIAサーバー
サポートOS Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2012 R2
(※2)
サポート仮想環境 VMware vSphere 4.0以降
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2以降
Citrix XenServer 5.5以降
KVM (Kernel 2.6.32以降)
クラウド環境(※1) Amazon EC2
CTC TechnoCUVIC VP
Microsoft Azure
VMware vCloud Air

※1 クラウド環境は、DataKeeper製品の動作確認を実施したものが記載されています。これらのパブリック・クラウド側が提供する機能について動作を保証するものではありません。また認定クラウド環境のリストにないクラウド環境をご利用の場合は、SIOSにお問い合わせください。またお客様にて評価を行われる場合は評価版をご提供いたしますので、期待する動作が実現できるかについてご確認ください。

※2 Windows Server 2008 R2以前のOS及び32bitアーキテクチャのOSをご利用の場合は、DataKeeper for Windows v7.7 までの対応となります。

  • 連携ソリューション
  • サポート・サービス
  • 関連資料ダウンロード

ページトップへ戻る

LifeKeeper/DataKeeper トップページへ戻る