連携ソリューション LifeKeeper/DataKeeper 連携ソリューション一覧

連携ソリューション一覧

Microsoft Azure

製品名
Microsoft Azure
社名
日本マイクロソフト株式会社
問合せ先
日本マイクロソフト株式会社
お問い合わせはこちら
ソリューション概要

Microsoft Azureは、Microsoftが提供するパブリッククラウドサービスです。ハードウェア、ネットワーク、ディスクなどのストレージ、Windows ServerやLinuxなどのサーバーOS、WebサーバーやRDBMSなどのミドルウェア、グループウェアやサーバー・アプリケーション、そして.NetFrameworkなどのアプリケーション実行環境を、ユーザーがオンデマンドでネットワークを経由して利用可能なITの利用形態です。

Microsoftが管理する世界中のデータセンターに、インターネット経由でサーバー・アプリケーションを簡単に作成し、展開、管理が行えます。サーバーやインフラを所有することなく、必要な時に必要な量のメモリやディスクといったコンピューティングリソースを利用することが出来ます。料金体系はリソース毎に分かれており、時間単位の従量課金での利用となります。

Microsoft AzureとLifeKeeperを組み合わせることで、HAクラスターを容易に構築でき、クラウド環境におけるアプリケーション、サービスの高可用性を実現することが可能となります。

構成図

Microsoft AzureとLifeKeeper

Microsoft AzureとLifeKeeper

Microsoft Azureと上でDataKeeper Cluster Edition(DKCE)とWindows Server Failover Clustering(WSFC)を連携させることで、ネットワークを介してレプリケートされたローカルディスクをWSFCの共有ディスクとして扱うことができます。この機能を使用することで、共有ストレージなしで、あらゆる物理、仮想、高機能ストレージ構成の組み合わせ環境で、システムの高可用性を実現します。

連携図

ページトップへ戻る

LifeKeeper/DataKeeper トップページへ戻る