【プレスリリース】Profit Cube 金融機関向け自動ローン審査システムを新開発、 特許も出願

【プレスリリース】これまで金融機関ではあまり活用されていなかった金融機関自身が保有している預金等の顧客との取引履歴データを活用、一転して収益に結び付ける画期的なシステムとして、金融機関向け自動ローン審査システム「QUANTUM」を新たに開発、特許も出願。

記事をシェアする

  • twiiter
  • facebook

活用されていなかったデータを一転して収益に結び付ける画期的なシステム


 PCI_logo_3v.png.png  quantum_logo02.jpgのサムネイル画像

サイオステクノロジーのグループ会社 Profit Cube株式会社は金融機関向け自動ローン審査システム「QUANTUM」を新たに開発し、新システムの技術に関して特許を出願しました。

金融機関は高い利ざやを確保できるカードローンなど個人向けローンへの取り組みを強めています。「QUANTUM」は、個人向けローンの審査において、これまであまり活用されていなかった金融機関自身が保有している預金等の顧客との取引履歴を活用し、自動で信用判定を行う画期的な審査システムです。

QUANTUM」は複数の信用判定モデルをシステムに実装することができるため、申込者の情報量に応じて自動的に最適なモデルを選択し、審査を進められます。Profit Cubeの個人信用情報照会パッケージソフト e-Acrisと連携して外信情報を自動的に取得し、プロパー融資として進めるか、保証付き融資とするかを判定して、与信枠をローンの種類ごとにきめ細かく設定します。複数の種類のローンを一つの申し込みで同時に審査しますので、申込者の資金需要に対して機会を逸することなく、柔軟に対応することが可能です。

QUANTUM」は、地域金融機関の一行に採用され、4月から稼働を開始しています。

⇒詳しい情報はプレスリリースのページをご覧ください
⇒Profit Cubeに関する情報はこちらをご覧ください

製品・サービス各ページへのリンク一覧

PAGE TOP