【イベントレポート】大塚商会 実践ソリューションフェア2016 Quickスキャン V4を披露

「大塚商会 実践ソリューションフェア2016」に、サイオステクノロジーの複合機アプリケーション「Quickスキャン V4」が搭載されたリコー製最新複合機が出展されました。

記事をシェアする

  • twiiter
  • facebook

2016年2月3日~5日の3日間、ザ・プリンスパークタワー東京で、大塚商会が主催するITの総合展示会&セミナー「実践ソリューションフェア2016」が開催されています。展示会場の一角、最新複合機などのソリューションが並ぶ「ひろがるゾーン」では、2016年1月21日にプレスリリースを配信しましたサイオステクノロジーのQuickスキャン V4が搭載された機種が展示されました。大きな特長の1つは、直観的に操作できる利用者に優しいユーザー・インターフェースです。

20160203_QSv4-1.jpgのサムネイル画像

Quickスキャン V4は、帳票類などの紙文書をデジタル化し、企業内でのペーパーレス化、情報の共有・活用を促進するためのアプリケーション。

たとえば、下の写真のように複数の名刺をリコー製複合機のスキャナー面にランダムに並べて読み込んでも、氏名や住所に使われる文字の縦横や字形を自動判別し、PCなどで処理しやすいテキストデータとして抽出、データベースに自動登録します。

20160203_QSv4-2.jpg

様々な紙文書を企業資産として有効利用したいのは、企業では共通する課題。Quickスキャン V4が展示されたサイオスのブースにも業種を問わず様々なお客様が立ち寄られました。

20160203_QSv4-3.jpg 20160203_QSv4-4.jpg

製品デモを交えて担当者が説明するワークショップも、同じ会場で開催されています。こちらも、Quickスキャン V4の具体的な活用イメージをつかめるチャンスとあって好評でした。

20160203_QSv4-5.jpg

⇒「Quickスキャン V4」のプレスリリースはこちらから

Facebookでの紹介記事はこちらから

⇒サイオスの複合機アプリケーションの詳細はこちらから

製品・サービス各ページへのリンク一覧

最新情報

PAGE TOP