性能劣化問題の原因分析

従来のアプローチは、VMware仮想環境における性能劣化などの問題の発生を検出するために閾値を使用し、個別のイベントを記録・レポートすることにフォーカスしていました。そのようなアプローチでは、無尽蔵に発生するアラートに対して、優先順位付けや意味解釈、対処方法に関する明確な指針が無いまま、システム運用担当者は、勘と経験に頼らざるを得ませんでした。一方で、閾値に達しない問題や間接的に作用する複雑な要因は、検出されることなく、見落とされていました。

ノイズの無い情報

SIOS iQは、アラート・ストームや誤検出などのノイズを生成しません。SIOS iQは、VMware仮想環境に存在する物理ホスト、ストレージ、ネットワーク、アプリケーションなどの個々のオブジェクトの振る舞いと相関関係を学習していますので、誤検出することなく、根本原因を特定し、個々の問題に対する具体的な解決策を提供します。SIOS iQは、検出された性能上の問題をPERCダッシュボードに表示します。また、個々の問題に対して、現象の推移、影響を受けているオブジェクトの一覧、原因を作り出しているオブジェクトと原因の詳細、改善のための具体的な解決策に関する情報を表示します。SIOS iQを使用することにより、システム運用担当者は、迅速かつ効率的に性能問題を特定・解決することができ、多くの時間を節約するだけでなく、サービスの質を向上することができます。

ビデオ: Performance Root Cause Analysis

ユースケース: アプリケーションの性能劣化問題の解決

SIOS iQは、迅速かつ容易にクリティカルなアプリケーションの性能劣化などの問題を特定し、改善することを可能にします。また、SIOS iQは、性能劣化を検出した際、現象だけでなく、影響を受けているオブジェクトと原因を分析し、改善に必要な措置を提案します。以下に、アプリケーションの性能問題の解決におけるユースケースを解説します。

想定環境

情報システムの運用を、主にVMware仮想環境で運用している大企業で、その仮想環境には、数百のホスト、数千の仮想マシン、数十万のオブジェクトから構成されていることを想定します。

課題

情報システム部門は、物理ホストhost_ABCのCPU使用率が、しきい値を超えたため、多数のアラートを受信しました。翌日、ユーザ部門の数名から「重要な業務アプリケーションのパフォーマンスが著しく低下し、業務の生産性が低下しているだけでなく、業務に必要なレポートを生成できない状態である」という苦情の電話がありました。

従来のアプローチ

情報システム部門のVMware担当者は、全てのアラートをレビューし、host_ABCに性能上の問題を確認した後、ネットワーク担当、アプリケーション担当など、それぞれの分野の専門家を招集し、問題の分析を依頼しました。
招集されたチームは、インフラ管理ツールと併用し、アプリケーション、ホスト、ストレージ、ネットワーク用のそれぞれの監視ツールのレポートをレビューし、それぞれの分野ごとにデータを収集・分析し、問題の原因を調査するために何時間もの時間を費やしました。その後、彼らは、問題の原因とそれを解決するための最善の解決策を検討し、この問題の担当責任者をアサインするために、さらに多くの時間を費やさければなりません。
彼らは、物理ホストhost_ABCのCPU使用率に関して問題があることと、業務アプリケーションが稼働している仮想マシンAshleyに問題が無いことを検証できましたが、既存のツールでは、システムに存在する他のオブジェクトからの影響や相互関係を分析することができません。結局、彼らは、原因と解決策に関する統一見解を見出すことができませんでした。

SIOS iQを使用した場合

SIOS iQを使用すれば、専門家を集めることなく、性能問題を検出し、根本原因を特定します。
もし、性能上の問題が検出された場合には、SIOS iQのPERCダッシュボード上の赤いインジケータをクリックするだけで、問題の深刻度、影響を受けているオブジェクトの一覧、原因となっているオブジェクト、問題の現象、問題を解決するための提案が表示されます。
このユースケースの場合には、PERCダッシュボードに、深刻なアプリケーション・コンピュート競合が検出されたことが表示され、Alphaという名前の仮想マシンが通常とは異なる振る舞いをしており、業務アプリケーションが稼働する仮想マシンAshleyに影響を及ぼしていることが報告されます。また、SIOS iQは、この問題に対し、いくつかの仮想マシンを別な物理ホストに移動し、バランスを調整することを提案します。この問題は、SIOS iQの提案に従い、Alphaを別な物理ホストに移動したところ、Ashleyで稼働する業務アプリケーションの性能問題は無事解決されるでしょう。

usecase1_performance_root_cause.png
SIOS iQのPerformance Root Causeダッシュボード:SIOS iQは、仮想環境に存在する個々のオブジェクト(CPU、ストレージ、ネットワーク、アプリケーション)の振る舞いと複雑な相関関係を学習し、問題の原因を特定し、解決策を提案します。

まとめ

従来のアプローチは、問題を検出するために、CPUの使用率が閾値を超えたなどの不連続なイベントを記録するというものでしたから、意味のない大量の警告が生成されたり、深刻な問題を示す間接的な事象を見落としがちでした。一方、SIOS iQは、VMware仮想環境に存在する個々のオブジェクト(CPU、ストレージ、ネットワーク、アプリケーション)の振る舞いとそれらの複雑な相関関係を学習し、シンプルで解り易い方法で、問題の原因を示し、解決策を提案します。SIOS iQを使用することにより、迅速かつ的確に、パフォーマンスの問題を解決し、サービスレベルと効率性を向上することが可能です。

ビデオ: Performance Root Cause Analysis

PDF: PDF版をご希望の方はこちら

ユースケースに戻る