Tableau Server

Tableau ServerはTableau Desktopから公開されたレポート・ダッシュボードの共有をセキュアに実現するデータデリバリープラットフォーム

Tableau Serverを使って作成するダッシュボードをWebアプリ化することで、多様なデバイスからデータの共有と分析が可能になります。
データソースへの接続を Tableau Serverに集約することで、データの共有ツール・データマートとしても使えます(多人数利用の際、
端末毎にTableau Desktopで接続定義をする必要がなくなるなどの利点があります。)。

勿論、ユーザーはTableau Desktopで作成したデータをTableau Serverで開いてドリルダウンし、更に深堀することも可能です。

  • Webブラウザを利用しての参照及びフィルタリング操作が可能
  • ユーザー/グループ等の単位でのセキュリティ確保のための権限管理が可能
  • バッチプログラムやスクリプト記述なしで、チャート内容を自動的に最新化
  • TableauのコンテンツをWebサイト等で共有できるセキュアなライブラリを提供
  • 定期レポートのメール配信等に対応

Web画面イメージ

画面内でフィルターをかけたり、ハイライトしたり、ドリルダウンしたりといった操作が可能です。

*Tableau Publicより引用

ユーザーメリット

エンドユーザー

-ITからの管理、対応、支援が最小限に (FTE-正社員 0.25 人以下)
-現場のユーザーがレポートを作成・発行し、内容を管理可能に
-データ サーバーはビジネスユーザーに、分析に使用する共通の出発点を準備するとともに、ユーザー個々人の計算の追加や
個々人のデータとの結合を可能とする柔軟性を提供

IT部門

-Tableau Server は完全にセキュアで、セキュリティの方針に合わせて設計可能
・Active Directory ユーザー認証とセキュリティとの統合
・SSL およびさまざまなフォームに基づく (ローカル) 認証をサポート
・データベースの行レベルでのセキュリティを使用
・サイト、ユーザー、ワークブック レベルのセキュリティ

-Tableau のデータ サーバーは以下の機能を保有
・データのタイプ、名称、定義を含めたメタデータを一元管理し
・エンドユーザーからデータ層を抽出、簡素化し、セキュアに保持し
・共有のTableau データ エンジン 抽出内容 (イン メモリー) をデスクトップユーザー用にホストし
・抽出対象の、ネイティブ データ ソースからの更新作業を自動化

-データの拡張性
・純粋なイン メモリー ソリューションとは異なり、データサイズに上限なし
・「ビッグ データ」を含む、25以上のさまざまなデータ構造に対応。SAP BW 、Teradata 、 Vertica 、 Hadoop 、 Aster、 Greenplum、…

-マルチテナント
別々のユーザーグループ (部門またはお客様を想定) は、ユーザー、データソース、ワークブック等を
含めて各自別々のワークスペースとコンテンツを持てます。

(ご注意)
Tableau Serverのご利用には、Tableau Desktop Professionalが最低1ユーザー分必要となります。Windows Serverを用意する必要があります。

tableau-server

紹介動画

無料トライアル

各製品2週間の無料トライアルが可能です。

価格

製品仕様・ライセンス価格表をご覧ください。

Tableau Server導入支援(オプション)

  • カスタマイズビューの作成
  • 高可用性を担保するしくみの構築
  • Level2サポート(Q&Aサービス)
  • Tableauを活用してのレポート作成に関して月間の時間単位でサポートをご提供

  • 各種開発支援
  • コンサルティング
  • 詳細についてはSIOS BigData One Stop Solutionも参照ください。

関連記事