LifeKeeper Newsお申し込み

vSphereを使った仮想環境上でミッションクリティカルなIT基盤を構築するには

サーバー環境の仮想化は急速に進行している中、ビジネスの根幹を支えるミッションクリティカルなアプリケーションがダウンしビジネスへのインパクトが生じた場合、「仮想環境だから」という言い訳は一切通用しません。
堅牢なる仮想IT環境を構築するにはどのようなポイントを理解し、意識していかなければならないのでしょうか?何か見逃しているポイントは無いでしょうか?

サイオステクノロジーのLifeKeeperをVMware vSphereと組み合わせることによって、様々なシステムの障害パターンからの迅速な回復が実現され、ミッションクリティカルなシステムを安心して仮想環境へ移行することが可能となります。

抜けの無い高可用性を実現する為に検討すべきポイント
抜けの無い高可用性を実現する為に検討すべきポイント

Point 1. 網羅性 システムトータルでのプロテクションを考える

vSphere HAを有効にしたのに、vSphere上で稼働するデータベースシステムから応答が無くなってしまって多くの業務が止まってしまった…

矢印

どのような障害パターンに対する対策を行いましたか?広い視点から、様々な障害からのリカバリー手段を考える必要があります。

詳しく読む

Point 2. 即時性 障害からのクイックリカバリー

業務のピーク時にサーバーがダウン。システムの復旧には予想を超える時間がかかってしまい、長時間に渡って業務への影響が出てしまった。

矢印

コアとなるアプリケーションのダウンタイムが長引けば周囲のアプリケーションへ影響が波及し、回復にはより時間を要し、ビジネスへの深刻度も飛躍的に高まります。少しでも素早い回復ができる手段を講じておくことは、企業の信頼を確保する上でも極めて重要と言えるでしょう。

詳しく読む

Point 3. 適切性 要件に合わせて、最適な手段を選択

仮想環境上のどのアプリケーションにどれだけのプロテクションを施せば良いのか正直よく分からない。適切な投資で適切な効果を得られているか自信が無い。

矢印

過剰な対策、過剰な投資を避け、アプリケーションの特性や運用上の要件に応じて適切な手段でシステムを保護することが大切です。

詳しく読む

購入前のお問い合わせはこちら

03-6859-8686
(9:00~17:00 土日祝祭日および弊社休業日は除く)

メールでのお問い合わせはこちら