仮想環境

導入目的
サーバーリソース効率化、コスト削減を達成するため、仮想環境でもVMwareの機能をフル活用して高可用性を実現したい。
構成上の課題
Windows Server OSの標準クラスター機能であるWSFC (Windows Server Failover Clustering)を採用すると、VMwareはRDM(Raw Device Mapping)対応となり、VMwareの機能に制約が出てしまう。

SIOS SANLess Clustersなら、仮想環境にもクラスターを構築

SIOS SANLess Clustersは、各種ハイパーバイザー(Microsoft Hyper-V、VMware、Xenなど)上で稼働する仮想マシンを使用して、クラスター環境を構成することが可能です。しかもRDMによって生じてしまう多くのVMwareへの制約を回避できます。

RDM(Raw Device Mapping)により生じてしまうVMware機能への制約

  • VMware スナップショットが使えない
  • VCBs(Virtual Consolidated Backups)が使えない
  • VMクローニングが使えない
  • 構成によってはvMotion時に仮想マシンを止めなければならない

SANLess Clustersなら、これらの制約が生じる原因となるRDMなしで仮想環境にHAクラスターを構築できます。

RDM(Raw Device Mapping)を使わずに、VMware上で高可用性を実現

RDM(Raw Device Mapping)を使わずに、VMware上で高可用性を実現

SIOS SANLess Clustersの使用により、RDM(Raw Device Mapping)の複雑性に煩わされることなく、またRDMを使うことによる機能面での制約を受けることもなく、VMware環境上でクラスターを作成することが可能です。

  • リアルタイムレプリケーション機能が、プライマリーVMのストレージと、同一データセンター内や災害復旧(DR)サイトに置かれたスタンバイVMのストレージとの同期を実行
  • 災害時にもデータの損失を限りなくゼロに留めた状態でスタンバイVMの使用を開始可能
  • バックアップメディアか らのリストアの手間も時間も必要無く、単にDRサイトにレプリケートされたVMに直接アクセスさえすれば業務の継続が可能

Hyper-Vのホスト・クラスタリング*

Hyper-Vのホスト・クラスタリング

SIOS SANLess Clustersは、ハイパーバイザーレベルでマイクロソフトHyper-Vホストマシン全体をクラスター化することにより、VMのポータビリティとフェイルオーバーをフルに実現可能です。

  • 稼働中のVMのリアルタイムコピーを代替Hyper-Vホスト上で同期し続けることで、フェイルオーバーや、あるHyper-Vホストから別のHyper-VへのVMのライブマイグレーションを容易に実行可能
  • あるHyper-Vホスト上の一つまたはすべてのVMを、クラスター内の他のHyper-Vホストへ移行することができるため、ダウンタイムが減少

さらにSIOS SANLess Clustersでは、複製されたVMを使って、本番環境へ影響を与えることなく、災害からの復旧テストを実施することができます。テストが終了したら、テストの際にターゲットサーバー上で行われたすべての変更部分を取り除き、停止した場所からレプリケーションを再開します。

*Hyper-Vのホスト・クラスタリングとは、ホストに対してOSの標準機能であるWSFC (Windows Server Failover Clustering)を構成し、仮想マシンを丸ごと保護対象とする手法。

標準構成例

人気構成例

サポート仮想環境 *2015年4月現在

VMware vSphere 4.0以降、Microsoft Hyper-V Server 2008 R2以降、Citrix XenServer 5.5以降、KVM (Kernel 2.6.32以降)

HAクラスターを構築するとき、高価な共有ストレージは本当に必要でしょうか?

クラスターソリューションを検討する際に、考えるべき10の質問
HAクラスターを構築するとき、高価な共有ストレージは本当に必要でしょうか?

クラウド・ハイブリッド環境が混じる現代のIT環境下では、共有ストレージ(SAN)ベースの従来のHA クラスターシステムは、もはやデファクト・スタンダードではありません。重要なアプリケーションを保護するために、HAクラスターを検討する際、考慮したいSAN構成のメリット・デメリットを質問形式でまとめました。
10のチェックリストで自社要件を確認し、最適な構成をご検討ください。

他の環境の事例も見る

サイオスの SANLess Clustersなら、共有ストレージなしですべて実現可能です。