高速ストレージ

導入目的
サーバーリソース効率化、コスト削減のため、SSDや高速フラッシュのディスクを採用して、システムを高速化したい。
構成上の課題
SSDの多くはローカルディスク構成のため、Windows Server OSの標準クラスター機能であるWSFC (Windows Server Failover Clustering)の利用ではクラスターを構成できない。

SIOS SANLess Clustersなら、高速ストレージとの連携も簡単

SIOS SANLess Clustersなら、高速ストレージとの連携も簡単

SIOS SANLess Clustersでは、高性能PCIeベースのフラッシュやSSDストレージなど、ローカルストレージのみを使用するクラスターを構築することができます。

  • 高価なSANハードウェアの購入は不要に
  • SANによる単一点障害のリスクを回避
  • SANベースのソリューションにかかるコストのほんの一部で、ダウンタイムからの保護とはるかに高速な処理が可能に

PCIeベースのフラッシュやSSDディスクなどの高速ローカルストレージソリューションは、ご使用のアプリケーションやデータベースの性能を向上させる簡単かつ費用対効果の高い方法です。しかし、このようなホストベースのストレージソリューションは、従来の共有ストレージクラスター構成に使用することができません。SIOS SANLess Clustersはリアルタイムでブロックレベルのレプリケーションを実行し、プライマリーサーバーとスタンバイサーバー上のローカルストレージを同期させ、共有ストレージを必要とすることなく、高い可用性と災害保護を実現します。

AlwaysOnよりも、250%高速

秒間あたりのインサート数

AlwaysOnよりも、250%高速

高速フラッシュディスク + DataKeeper構成は、AlwaysOn構成よりも、250%高速であり、ほとんどミラーリングなし(高可用性なし)と同等レベルの速度を実現。

<図構成例>
  • Dual Intel Xeon E5-2670 CPUs
  • 64 GB RAM
  • HP PCIe IOアクセラレータ G2 for ProLiantサーバー 1.2TB
  • DataKeeper Cluster Edition

AlwaysOnの250%高速!HP PCIe IO アクセラレータ G2 for ProLiant Server+DataKeeper で実現する低価格・高可用性Microsoft SQL Server システム

標準構成例

人気構成例

関連資料

HAクラスターを構築するとき、高価な共有ストレージは本当に必要でしょうか?

クラスターソリューションを検討する際に、考えるべき10の質問
HAクラスターを構築するとき、高価な共有ストレージは本当に必要でしょうか?

クラウド・ハイブリッド環境が混じる現代のIT環境下では、共有ストレージ(SAN)ベースの従来のHA クラスターシステムは、もはやデファクト・スタンダードではありません。重要なアプリケーションを保護するために、HAクラスターを検討する際、考慮したいSAN構成のメリット・デメリットを質問形式でまとめました。
10のチェックリストで自社要件を確認し、最適な構成をご検討ください。

他の環境の事例も見る

サイオスの SANLess Clustersなら、共有ストレージなしですべて実現可能です。