Oracle RACに関する課題と解決策

「Oracle データベース」とその標準クラスタ構成である「Oracle RAC」。
いくつかの課題と、それに対する解決策をこちらでご紹介します。

こんな課題に直面していませんか?

課題1

Oracle Database SE2(Standard Edition2)の登場により、Oracle RACを使用する際の制限が強化されてしまい、可用性の確保に悩んでいる。

課題2

AWS上でOracle RAC環境を使用する際に
いくつかの問題に直面。
その解決方法に悩んでいる。

課題に対するサイオステクノロジーからのご提案

どうしても、Oracle RACを使用しなければならない決定的な理由はありますか?
今こそ、LifeKeeperを使用したシンプルでコストメリットのあるOracle DatabaseのHA環境を実現してみませんか?

こんなメリットがあります!

  • コスト面での優位性
  • 物理/仮想/クラウドを問わず、HA環境を実現することが可能
  • クラウド環境で提供されるマネージドサービスと
    比較すると自由度が高い
こんなメリットがあります!

【インタビュー】
変わるOracle RAC、その有効性とクラウド時代の課題

Oracle RACの有効性と、これからの時代における課題について、
年間約300件のOracle関連プロジェクトを取り扱う株式会社システムサポートのキーマンの方に、Oracle RACに関する現状をインタビューしました。

画期的だったOracle RACの登場

Oracle RACが登場する以前は、クラスターといえばアクティブ/スタンバイの形態でした。
Oracle RACはアクティブ/アクティブのクラスターを実現し、スケールアウトも自在にできるデータベースでした。この機能は他のどのデータベースも備えていませんでしたから、その全てが画期的…

株式会社システムサポート

【関連資料ダウンロード】

「Oracle RAC」に関する課題を認識するための詳細な資料はこちら

Oracle SE RACを使用されていたユーザー様が直面する2つの課題について、課題を明確にし、課題解決策をご提案致します。

「LifeKeeperによるOracleの標準的なHA構成」を詳細に説明した資料はこちら

Oracle RACからLifeKeeperおよびDataKeeperを組み合わせた構成に移行される場合によく使われる構成パターンを
従来から多い物理(オンプレミス)環境と最近実績が急増しているクラウド(AWS)環境を中心に標準構成としてご案内いたします。

PAGE TOP