Oracle RACに関する課題と解決策

「Oracle データベース」とその標準クラスタ構成である「Oracle RAC」。
いくつかの課題と、それに対する解決策をこちらでご紹介します。

こんな課題に直面していませんか?

課題1

Oracle Database SE2(Standard Edition2)の登場により、Oracle RACを使用する際の制限が強化されてしまい、可用性の確保に悩んでいる。

課題2

AWS上でOracle RAC環境を使用する際に
いくつかの問題に直面。
その解決方法に悩んでいる。

課題に対するサイオステクノロジーからのご提案

どうしても、Oracle RACを使用しなければならない決定的な理由はありますか?
今こそ、LifeKeeperを使用したシンプルでコストメリットのあるOracle DatabaseのHA環境を実現してみませんか?

こんなメリットがあります!

  • コスト面での優位性
  • 物理/仮想/クラウドを問わず、HA環境を実現することが可能
  • クラウド環境で提供されるマネージドサービスと
    比較すると自由度が高い
こんなメリットがあります!

【関連セミナー開催】
4月17日 Oracleデータベースの高可用性をAWS上で実現!
オンプレミスをAWS環境へ移行する際の課題とその解決策とは?ご紹介セミナー

アマゾン ウェブ サービスジャパン(AWS)と伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と3社共催で、Oracle RACをAWS上で利用する際の課題を明確にし、AWS上でOracleデータベースの可用性を実現するための方法と、オンプレミスのOracle RAC環境からAWS上で可用性を担保する環境へと安心して移行することが可能となるトータルソリューションをご紹介します。

まずは、資料をご確認ください。

矢印

「Oracle RAC」に関する課題を認識するための詳細な資料はこちら

「LifeKeeperによるOracleの標準的なHA構成」を詳細に説明した資料はこちら

PAGE TOP