HAクラスターを取り巻く市場動向

ここ数年、仮想化環境はサーバーの性能向上と共に大きく進歩しており、仮想環境技術を応用したクラウド環境での業務システムを利用する企業も増えてきています。ビジネスの変化に迅速・的確・低コストで対応できる仕組みや情報セキュリティー対策など新たなリスクに対応できるクラウド環境は、変化の激しい顧客環境やニーズに対応できる最適なソリューションと言えるでしょう。
必要なシステム環境を低コストで迅速に調達でき、利用者をシステムのハードウェアリソース等のメンテナンスから解放し、業務システムの利用に徹することを可能とするクラウドはシステムの運用形態を大きく変え、コストメリット、運用メリットを利用者にもたらすと考えられます。

国内バーチャルマシン/クラウドシステムソフトウェア市場
稼動環境別 売上額予測、2013年~2018年

国内バーチャルマシン/クラウドシステムソフトウェア市場 稼動環境別 売上額予測、2013年~2018年

Source: IDC Japan 2014年6月「国内システムソフトウエア市場2013年の分析と2014年~2018年の予測」 (J14350103)

ミッションクリティカル業務での仮想化環境・クラウド利用が増加

クラウドが持つコストメリットや運用メリットを最大限に享受するため、基幹業務のクラウドへの移行が本格化し、24時間365日止めることができないミッションクリティカルなシステムの可用性向上も重要視されていくと考えれます。
仮想化環境での適用用途が、開発やテストのためのプラットフォームから、本格的な業務システムやミッションクリティカル業務に拡大していっており、2012年のサーバー出荷台数においては、搭載仮想マシンが物理台数を上回りました。更なる仮想化の浸透や集約率の上昇によって仮想マシン数はさらに増加し、2016年には仮想マシンが3倍になるとみられています。

仮想化環境の増加と適用範囲の拡大

ミッションクリティカル業務での仮想化環境・クラウド利用が増加

企業の抱える課題

ビジネスの国際化

企業のグローバル化が進むことにより、地域・国境を越えたシステム構築が必要となってきます。そのためには、クラウド環境を活用し、現地スタッフによりインフラの構築も視野にいれなければなりません。

ビジネスのスピードアップ

システムの開発と構築期間の短縮をする上で、開発部門と運用部門の連携は必須です。また仮想環境を活用し、その環境構築の自動化もスピードアをする上で必要不可欠となっています。

企業の信頼確保

信頼性の高いシステムを構築するには、システムダウンの要因を排除することが必要です。システム全体を監視し、人為的な作業ミスを排除することが重要です。

LifeKeeper for Linux v9 リーフレットはこちら