導入事例 長野県厚生農業協同組合連合会(JA長野厚生連)様

SAPの基幹系システムをMicrosoft Azure上で冗長化し運用管理コストの削減やBCP対策の強化を実現

長野県厚生農業共同組合連合会(JA長野厚生連)は、1950年の発足以来、長野県の公的医療機関として、地域医療や救急医療などに大きく貢献、現在は、病院・分院・診療所、老人保健施設・宅老所・グループホーム、訪問看護ステーション、地域医療包括支援センター、在宅介護支援センターなど数多くの施設を運営し、医療や介護サービスを一体的に提供する地域包括医療にも力を入れています。そうした中、基幹業務システムのクラウド化にいち早く着手しました。マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」とサイオステクノロジーのHAクラスターソリューション「SANLess Clusters」を効果的に活用することにより、運用管理の負荷やコストを大幅に削減しながら、同時にBCP対策を強化することに成功しました。
続きを読む

長野県厚生農業協同組合連合会(JA長野厚生連)様

東日本リージョンでは、WSFC環境においてDataKeeperによるデータレプリケーションをリアルタイムで実施し、Azureの可用性をさらに高めています。さらに、西日本リージョンでバックアップを取得しています。

導入事例
Zespri International様

SIOS SANLess Clusters(共有ストレージ不要のクラスタソリューション)とMicrosoft Azureとの連携

Zespli International様は、ニュージーランドを本拠地とするキウイフルーツの生産/販売を主とする企業です。2011年に発生した大地震の経験から、IT環境の災害対策の重要性を再認識するのに加え、天候や災害等の状況に応じて、瞬時にシステムの拡張/縮小が可能となるシステム環境の実現が課題となっていました。そこで、Microsoft Azureをプラットフォームとして選定し、重要なアプリケーションであるSAPの可用性をさらに高めるために、HAクラスター構成をAzure上で実現させる必要が出てきました。そこで選択されたのがサイオス社の「DataKeeper」。
「Azure」+「DataKeeper」の組み合わせにより、Azure上でも共有ストレージ不要でSAPが稼働するHAクラスター環境を構築することができました。これにより、地震や津波などの災害による影響を受けず、システムの拡張/縮小が必要な際には瞬時に対応できるシステムとなり、ビジネスの状況に応じて迅速に対応できるシステムが実現しています。

Zespri International様
PAGE TOP