フェールオーバー時の挙動

>第1回から読む

前回、AWS上のLifeKeeper for Linux(以降、LifeKeeperと記載)とPostgreSQLを連携させて、PostgreSQLプロセスと共有ファイルシステム上のデータベースがフェールオーバーされることを確認しました。

PostgreSQLリソースで登録したプロセスは一つでしたので、今回はHULFTを導入して複数のプロセスを登録したリソースを作成してみます。具体的な構成としては、HULFTを各インスタンスに導入し、環境設定ファイル格納ディレクトリを共有ファイルシステム領域(”/data”)配下に設定します。

この状態でLifeKeeperへHULFTリソース(三つのプロセス)を登録することでHULFTの冗長化を行いたいと思います。

続きを読む