クラスタリング

EC2でSTONITH

database

EC2のSTONITHについてご紹介します。

STONITHとは ”Shoot the Other Node in the Head” の略で、サーバーがクラスターの一部とみなされなくなったときに、そのサーバーを物理的に停止させたり、電源を切断したりする技術です。フェイルオーバーする時に、電源を切断するためのコマンドが呼び出されます。このコマンドは、コンフィグレーションファイル /opt/LifeKeeper/config/stonith.conf で定義され、ユーザが設定する必要があります。ここでは、EC2インスタンスの電源を切断するためのコマンドの作成からSTONITHの設定方法を紹介します。

続きを読む

SIOS Protection Suite Linux EE の SAP ARK を用いて SAP NetWeaver のクラスター環境を構築してみた

NetWeaver-HASAPのクラウド移行が加速している現状は、本ブログでも外部の複数の有識者へのインタビューを通して紹介してきました。

従来のERPからS4/HANAへの移行も今後加速することが予測され、S4/HANAで必須となるインメモリーデータベースであるSAP HANAの高可用性をどう実現できるのかに関する記事も公開しました。

今回は、SAP ERPを語るときに切り離せない基盤である「SAP NetWeaver」のクラスター環境構築を取り上げます。

続きを読む

SIOS Protection Suite Linux v9 EEによるSAP HANAのHA化

サイオステクノロジーは、2017年3月7日にSAP ERP、 S/4HANA向けのHAクラスターソフトウエアパッケージ”SIOS Protection Suite Linux v9 EE(SPS-EE)”を発表しました。このパッケージを使用すれば、
・SAPの”NetWeaver”環境のHA化や、
・従来のERPで使用しているOracleやDB2等のデータベースのHA化の為の各Application Recovery Kit(ARK)が使用できることに加え、
・SAP HANAの監視と障害時の自動復旧
を実現する”SAP HANA Recover Kit”も利用することができます。

SAP HANAの高可用性と災害復旧対応の仕組みとしては、
・自動フェールオーバー
・システムレプリケーション
・ストレージレプリケーション

というオプションがありますが、SPS-EEとSAP HANA Recover Kitが提供する機能とは、
・システムレプリケーション環境を構成したHANAのコンポーネントの状態監視と
・障害発生時の自動復旧
となります。

(システムレプリケーション構成のSAP HANAには、文字通りレプリケーションの機能はありますが、障害発生時の自動復旧や切り替え機能はありません。)

今回は、SAP HANA Recovery Kitが提供する監視機能と起動処理、停止処理について解説します。

続きを読む

HAクラスター環境におけるバックアップについて

共有ストレージ構成の場合

今回は、HAクラスター環境におけるバックアップについて考えてみたいと思います。

以前Quest Software様にも語って頂きましたが、
「バックアップとHAクラスター」
はIT危機管理の基本であり、車の両輪のように、どちらもなくてはならないものです

また、
「バックアップとレプリケーション」
は競合するものではなく、目的に応じて使い分ける、または両方を活用する必要があります。たとえば、レプリケーションは常に最新の状態でデータを複製できますが、その一方で問題のあるデータ(ウィルスに感染したデータなど)も複製してしまいます。

このような場合に、データが正常だった最終時点に戻すには、バックアップが不可欠です。レプリケーションを行えば、システム障害のあった直前のイメージに即座にアクセスすることができる(=RTO/RTO面では優位)一方、データを世代別に蓄積したり、eDiscoveryのような世界に対応することはできません。

よって、サイオステクノロジーのLifeKeeperは、DataKeeperというレプリケーション機能と組み合わせて使うことのできるHAクラスター製品ですが、
– HAクラスターだからといって、バックアップが不要となるわけではありませんし
– レプリケーション機能があるからといってバックアップが不要になるわけではありません。

今回は、LifeKeeperを使ったHAクラスター環境におけるバックアップを行う際の注意点や留意事項について考えてみたいと思います。

続きを読む

AWS上にLifeKeeper for Linux を導入してみた

構成イメージ

インフラ部分の可用性については一定の担保を提供するクラウド環境ですが、その上で動作しているアプリケーションの可用性は利用者に任されているのが現状です。

LifeKeeper for Linux(以降は、LifeKeeperと記載)はクラウド環境において担保外となっているアプリケーションの可用性を実現させるソフトウェアとなります。今回はLifeKeeperをAWSの無料枠を使用してEC2上に導入してみます。

続きを読む