オープンソース製品

AWS上のLifeKeeper for Linux とPostgreSQLを連携させてみた

フェールオーバー時挙動イメージ

前回、AWS上にLifeKeeper for Linux(以降、LifeKeeperと記載)を導入したので、今回はその環境にPostgreSQLを導入してみました。

具体的な構成としては、PostgreSQLを各インスタンスに導入し、プライマリ側のデータベース保存領域を共有ファイルシステム領域(”/data”)配下とします。この状態でLifeKeeperへPostgreSQLを登録することでデータベースの冗長化を行いたいと思います。

続きを読む

[Linux]Zabbix3.0を、スクリプトを書かずに簡単にHAクラスター化してみる

GenericARK for Zabbix system archetecture

皆さん、こんにちは。
プリセールス(関東担当)の西下です。関西担当の國政と共にお客様を支援させていただいています。

オープンソースの統合監視ソフト「Zabbix」は、企業規模や業種を問わず広く使われていますが、最近Zabbix自体の可用性を高めるニーズが増えていることをご存知でしょうか?可用性を高める手法と言えばHAクラスターの使用が一般的です。しかしHAクラスターソフトというと「難しい」というイメージが先行するのではないでしょうか?

当社のHAクラスターソフトのLifeKeeperは、一般的なクラスターソフトで必要となる(少々ハードルの高い)スクリプトの作成を行わずに「簡単に」HAクラスターを構築できます。オンプレミスでの物理環境、仮想環境はもちろん、AWSのようなクラウド環境にも対応しており多くの導入実績があります。今日はこのLifeKeeperのLinux版を使って、Zabbixを簡単に保護する手順についてご紹介します。

続きを読む

[Windows]Generic リソースとサンプルスクリプトを使って PostgreSQLをクラスター化する

system-structure1

LifeKeeper for Windowsの機能の一つである Generic リソースを用いて、LifeKeeperでリカバリーキットとして提供されていないアプリケーションを保護することができます。

Generic リソースを作成するためには、保護対象のアプリケーションを制御するためのスクリプトを作成する必要があります。
LifeKeeper for Windows にはWindowsサービスで制御されるアプリケーションをLifeKeeper で制御するためのGeneric リソースのサンプルスクリプトが同梱されており、本サンプルスクリプトを用いることでWindowsサービスにより制御されるアプリケーションをLifeKeeperへ登録することができます。

本稿では、WindowsアプリケーションをLifeKeeper for WindowsでHAクラスター化する例として、PostgreSQLサービスに上述のサンプルスクリプトを用いてHAクラスター化する方法を紹介します。

続きを読む

【事例】OSS製品での問題を解決!ファイル転送システム「eTransporter」を支える「LifeKeeper」

eTransporter Structure

大容量ファイルをセキュアに送受信できるファイル転送システム「eTransporter」をはじめ、多くの法人向けソリューションを開発、提供しているNSDビジネスイノベーション(以下、NBI)。同社では「eTransporter」の冗長化にオープンソースソフトウェア(OSS)のHAソフトウェアであるDRBDとHeartbeatを使用していましたが、それをサイオステクノロジーの「LifeKeeper」に置き換えました。DRBD、Heartbeatにはどのような課題があり、その課題をLifeKeeperでどのように解決したのでしょうか。ここでは、NBIのエンジニアリング部リーダーである坂本将人氏、同部の課長である松見秀和氏にお話をうかがいました。

続きを読む

クラスター入門(3)- 失敗しないHAクラスター製品の選び方

shared-strage-and-data-replication-structure

>第1回から読む

 Windows Server Failover Clustering(WSFC)やRed Hat Cluster SuiteなどOSの標準機能から、商用パッケージ、オープンソースソフトウェア(OSS)まで、さまざまなHAクラスターソフトウェアがあります。その中から代表的なソフトウェアを紹介するとともに、失敗しない製品選定のポイントについても解説します。

続きを読む