AWSでDataKeeper Cluster Editionを展開するための クイックスタートガイド

Cluster-SQLServer-on-AWS
Pocket

Windows Server標準のフェイルオーバークラスタリング機能であるWSFC (Windows Server Failover Clustering)を使用しているシステムをクラウドに移行する際、必ず問題になることがあります。一般的にクラウド環境では、クラスタリングを組む際に必須となる共有ストレージ構成を取ることができない、すなわちストレージを複数のノードに紐づけられないためです。

サイオスでは、そのような課題に対応するため、2015年春よりWindows環境における共有ストレージ不要のクラスターソリューション – ”SANLess Clusters“を日本国内でもご提供しています。

“SANLess Clusters”とは、その名の通り共有ストレージ(通常はSANを利用します)が不要で、Windows Server付属のクラスターソフトであるWSFC (Windows Server Failover Clustering)とサイオスのレプリケーションソフトであるDataKeeper Cluster Edition(DKCE)を組み合わせ、物理/仮想/クラウド環境を問わず、共有ストレージを使わずにクラスター構成を実現するソリューションです。

SANLess Clustersにはどんな特徴があるのか?
SANLess Clustersのメリットは?

興味のある方はぜひ下記をご覧ください。

HAクラスタを構築するとき、高価な共有ストレージは本当に必要でしょうか?
共有ディスク不要のWindows クラスターソリューション ”SANLess Clusters”

本ドキュメントはAWS上に構築したSQLServerをDataKeeper Cluster Editionを使用してクラスタリングする際のクイックスターターガイドとなります。

 

構築イメージ(SQLServer クラスタリング)

DataKeeper Cluster Edition は利用可能ゾーン(AvailabilityZone)間の単一領域(サブネット)内で仮想プライベートクラウド (VPC) のレプリケーションを行います。

本ドキュメントにて構築する環境は、3つの利用可能ゾーンで4つのインスタンス (1つのドメインコントローラインスタンス、2つの SQLServerインスタンス、および1つのクォーラム/監視インスタンス) を起動し、異なるサブネット間でのDataKeeper Cluster Edition を利用したデータレプリケーションを行い、その上でWindowsフェールオーバー クラスタリングにてクラスター化を行います。

Cluster-SQLServer-on-AWS

 

ぜひ、実際の構築手順を体験してみてください。

※手順書は、ワンクリックでページ下部よりダウンロードできます(PDF形式)

手順書をダウンロード

AWSでDataKeeper Cluster Editionを展開するための
クイックスタートガイド

この手順書は、AWS上に構築したSQLServerをDataKeeper Cluster Editionを使用してクラスタリングする際のクイックスターターガイドです。以下の順序で構築します。

  1. AWSでの環境構築
  2. Windows フェールオーバー クラスタリングの導入と設定
  3. DataKeeperの導入と設定
  4. SQLServerの導入と設定

すぐにダウンロード

SNSでもご購読できます。