[Linux] DynamicDR(オンプレto AWS ディザスタリカバリ環境)の実現(第4回)~WordPressとWebサーバーの起動設定

サイトのホーム画面を確認

こんにちは。
サイオステクノロジーの高田です。LifeKeeperのトレーニングを担当しています。

第3回では、サーバーの設定とLifeKeeperを利用したDBサーバーのクラスタ化について記載しました。
最終回となった第4回めは、WordPressの設定とAWS側のWebサーバーをAMIから起動する設定を行います。

続きを読む

[Linux] DynamicDR(オンプレto AWS ディザスタリカバリ環境)の実現(第3回)~サーバー設定とクラスタ化

8-MySQLリーソースの作成

こんにちは。
サイオステクノロジーの高田です。LifeKeeperのトレーニングを担当しています。

第2回では、VPNの設定とサーバーの配置について記載しました。今回は、サーバーの設定とLifeKeeperを利用したDBサーバーのクラスタ化について説明します。

まずは、サーバーの設定から行います。

続きを読む

[Linux] DynamicDR(オンプレto AWS ディザスタリカバリ環境)の実現(第2回)~VPN構築とサーバーの配置

AWSのマネジメントコンソールからVPCを選択

こんにちは。
サイオステクノロジーの高田です。LifeKeeperのトレーニングを担当しています。

第1回では、DynamicDRの概要と全体の構成について説明しました。今回から実際の作業に入り、VPNおよびサーバーの配置を行います。
まずは、VPNの設定から始めます。

続きを読む

[Linux] DynamicDR(オンプレto AWS ディザスタリカバリ環境)の実現(第1回)~全体構成

dynamic-dr-system-structure

こんにちは。
サイオステクノロジーの高田です。LifeKeeperのトレーニングを担当しています。

本年8月1日にLifeKeeper for Linux v9.1がリリースされました。
今回は4回に分け、この最新バージョンのLifeKeeper for Linux(以後LifeKeeper)を使って、障害発生時に、オンプレミスで稼働しているシステムをパブリッククラウドのディザスタリカバリ環境へ切り替える方法を検証します。他のバージョンでも同様の構成が可能ですが、これまで検証していない構成のため、新しいバージョンのリリースに合わせて検証してみます。

続きを読む

最大のビジネスリスク・「事業中断」の要因と起こりえる影響とは

Emergency Checklist

前回は、世界の企業トップが考えるビジネスリスクについて紹介しました。その1位は、企業がなにひとつ生み出せない状況に陥る「事業中断」でした。では、事業中断の要因にはどのようなものがあり、対策しなかった企業にはどのような影響があるのでしょうか。今回は、事業中断の要因と影響について紹介していきます。

続きを読む