LifeKeeper/DataKeeper

AWS上のLifeKeeper for Linux とJP1を連携させてみた

環境イメージ

>第1回から読む

前回、AWS上のLifeKeeper for Linux(以降、LifeKeeperと記載)とHULFTを連携させて、リソース階層に登録された三つのリソースがフェールオーバーされることを確認しました。

今までは専用のRecovery Kitを導入してGUIでリソース階層までを作成しましたが、今回は専用スクリプトを用いて、JP1を冗長化したいと思います。

続きを読む

AWS上のLifeKeeper for Linux とHULFTを連携させてみた

フェールオーバー時の挙動

>第1回から読む

前回、AWS上のLifeKeeper for Linux(以降、LifeKeeperと記載)とPostgreSQLを連携させて、PostgreSQLプロセスと共有ファイルシステム上のデータベースがフェールオーバーされることを確認しました。

PostgreSQLリソースで登録したプロセスは一つでしたので、今回はHULFTを導入して複数のプロセスを登録したリソースを作成してみます。具体的な構成としては、HULFTを各インスタンスに導入し、環境設定ファイル格納ディレクトリを共有ファイルシステム領域(”/data”)配下に設定します。

この状態でLifeKeeperへHULFTリソース(三つのプロセス)を登録することでHULFTの冗長化を行いたいと思います。

続きを読む

AWS上のLifeKeeper for Linux とPostgreSQLを連携させてみた

フェールオーバー時挙動イメージ

前回、AWS上にLifeKeeper for Linux(以降、LifeKeeperと記載)を導入したので、今回はその環境にPostgreSQLを導入してみました。

具体的な構成としては、PostgreSQLを各インスタンスに導入し、プライマリ側のデータベース保存領域を共有ファイルシステム領域(”/data”)配下とします。この状態でLifeKeeperへPostgreSQLを登録することでデータベースの冗長化を行いたいと思います。

続きを読む

AWS上にLifeKeeper for Linux を導入してみた

構成イメージ

インフラ部分の可用性については一定の担保を提供するクラウド環境ですが、その上で動作しているアプリケーションの可用性は利用者に任されているのが現状です。

LifeKeeper for Linux(以降は、LifeKeeperと記載)はクラウド環境において担保外となっているアプリケーションの可用性を実現させるソフトウェアとなります。今回はLifeKeeperをAWSの無料枠を使用してEC2上に導入してみます。

続きを読む

AWSでDataKeeper Cluster Editionを展開するための クイックスタートガイド

Cluster-SQLServer-on-AWS

Windows Server標準のフェイルオーバークラスタリング機能であるWSFC (Windows Server Failover Clustering)を使用しているシステムをクラウドに移行する際、必ず問題になることがあります。一般的にクラウド環境では、クラスタリングを組む際に必須となる共有ストレージ構成を取ることができない、すなわちストレージを複数のノードに紐づけられないためです。

サイオスでは、そのような課題に対応するため、2015年春よりWindows環境における共有ストレージ不要のクラスターソリューション – ”SANLess Clusters“を日本国内でもご提供しています。

続きを読む